カテゴリー:日高川町

  • 道成寺の境内 国の史跡に

     安珍清姫伝説の舞台で古典芸能のメッカとして知られる天音山千手院道成寺の境内が、 国の史跡指定へ答申された。 指定されれば県内で27件目、 日高地方では初めてとなる。 道成寺は、 701年 (大宝元年) に文武天皇の勅願…
  • 日高川町へ2つ目の風力発電起工へ

     白馬山脈の日高川、 広川の町境で計画が進められている風力発電事業 「広川・日高川ウインドファーム」 の新設工事起工式が21日、 日高川町平川地内生活改善センター北の管理棟建設予定地で行われる。 同町にとっておととしから…
  • 高円宮妃殿下迎え星空の街全国大会

     高円宮妃久子さまが、 17、 18の両日に日高川町で開かれる 「第24回星空の街・あおぞらの街全国大会in日高川町」 に出席されることが7日、 発表された。 町内では全国大会の会場となっている日高川交流センターやかわべ…
  • 日高地方の秋祭り しんがりは寒川と宝神社

     日高川町寒川の寒川神社と市内湯川町財部の宝神社で3日、 日高地方ラストの秋祭りが行われた。  寒川神社は神事のあと、 お渡り行列がお旅所に向けて出発。 花幟を先頭に、 4人立ちの獅子や長刀振りなどが進んだ。 獅子舞は江…
  • 秋の褒章 日高地方は2氏に

     平成24年秋の褒章受章者が決まり、日高地方からは黄綬褒章で長年にわたり教科書供給業務に携わっている市内薗、山松文具代表の山本喜朗氏(71)、藍綬褒章で更生保護活動に尽力している日高川町小熊、保護司の鳥居忠氏(76)の2…
  • ドッグスポーツ世界大会 江原さん入賞

     アメリカコロラド州で開催されたドッグスポーツ「USDAAアジリティーワールドチャンピオンシップ」に、日本代表で出場した日高川町土生の江原輝之さん(43)、ジーナペアがスヌーカーの部で見事11位に入賞した。  アジリティ…
  • 日高川で森林の役割考えるシンポジウム

     環境にやさしい木質バイオマスを活用している日高川町が主催の 「地球環境保全における森林の役割を考えるシンポジウム」 が28日、 同町内などで開催され、 県内外から訪れた約300人が身近なエネルギー資源に関心を高めた。 …
  • 日高川の河床整備スタート

     昨年9月の台風12号災害に伴う復旧で県は、市内藤田、野口地内で大規模な日高川河床整備をスタートさせた。日高振興局によると、水害後の河床高の調査で、現場周辺は左岸エリアに大量の土石が堆積し、逆に右岸エリアがえぐられていた…
  • 日高川のチョコのたにぐち 新工場建設へ

     日高川町和佐、 チョコレート製造メーカー㈱たにぐち=本社大阪市東住吉区、 谷口壽社長=の日高川工場新築工事の地鎮祭が23日、 現地で行われた。 同社は平成元年に県と旧川辺町が誘致した企業で、 新工場の建設によってオーナ…
  • 日高川町と立命館大 洪水メカニズム解明へ

     昨年9月の台風12号で流域被害を大きくした日高川の河川環境についての研究が21日、 スタートした。 日高川町と立命館大学 (京都市) による共同研究で、 来年3月まで初湯川の椿山ダム湖の土砂の堆積状況や水深の調査、 台…

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る