カテゴリー:日高川町

  • 映画「ソワレ」 道成寺で成功祈願

     御坊日高が舞台の映画「ソワレ」の外山文治監督(38)と村上虹郎(22)、芋生悠(21)のダブル主演俳優ら関係者がクランクイン前日の4日、日高川町の道成寺で成功祈願を行った。  同寺僧侶の祈祷に続き、読経のなか…
  • 元ブラジル代表のパウロさんが南陵高サッカー部を指導

     日高川町の和歌山南陵高校サッカー部に28日、元ブラジル代表のパウロ・セザールさん(41)=フランス・パリ在住=が指導に訪れた。パリを拠点に日本人選手らのマネジメント等を行っている直川公俊さん(35)=由良町出身=と親交…
  • 日高川町 薬膳料理教室がスタート

     日高川町高津尾の日高川交流センターで27日、町公民館講座の第1回薬膳料理教室が開かれ、町内の主婦ら20人が参加した。  薬膳とは「3000年の歴史を持ち、東洋医学の考え方を基に、その人の体質に合わせて食材に栄…
  • 高速4車線化 川辺第2トンネルが貫通

     近畿自動車道紀勢線有田―御坊間4車線化工事で25日、同区間で最も南に位置する川辺第2トンネル(日高川町千津川~土生区間)が貫通した。同区間の6カ所のトンネルでは2カ所目の貫通。御坊―印南間と合わせた延長29・2㌔に及ぶ…
  • 高校総体空手 和歌山南陵の木下さんが全国へ

     県高校総合体育大会空手道競技の部は今月1、2の両日、箕島高校体育館であり、女子個人形の部で和歌山南陵3年の木下真衣さんが見事初優勝。3年連続のインターハイ(8月8日~、沖縄県)出場を決めた。1、2年生時は同校の一つ上の…
  • 和歌山南陵高生が梅収穫の助っ人に

     日高川町の和歌山南陵高校2年生19人が11日から3日間、みなべ町や印南町の農家で南高梅の収穫を手伝うことになり、30日にみなべ町の梅振興館で事前学習に臨んだ。南高梅はJA紀州の主力品種だが、近年は労働力不足が問題となっ…
  • 日高川町の防災センターが竣工

    日高川町小熊に建設された町防災センターの竣工式が18日、現地で行われた。久留米啓史町長をはじめ県議、町議、区長、消防団員ら関係者約120人が出席。久留米町長は式辞で新たな「防災、減災態勢の拠点…
  • 日高川のふじまつりにぎわう

     最長10連休のゴールデンウイーク(GW)がスタート。日高川町初湯川のリフレッシュエリアみやまの里森林公園のふじ棚ロードでは、フジが見ごろを迎え、連日多くの観光客が訪れている。ことしは例年より開花が遅くなっているため、遅…
  • 20日から日高川町でふじまつり

     日高川町初湯川のリフレッシュエリアみやまの里森林公園で、20日午前8時半からふじまつりのイベントがスタートする。ことしは朝夕の冷え込みなどで開花が遅く、19日現在、早咲きが1、2分咲きとなっている。  イベン…
  • 春の院展 鈴木さんと小野さんが入選

     公益財団法人日本美術院の第74回春の院展で、日高町小坂、日本画家で日本美術院院友の鈴木薫さん(69)の作品「階上へ」と、日高川町鐘巻、県美術家協会会員の小野千寿子さん(58)の作品「白秋」がそろって入選…

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る