カテゴリー:日高川町

  • 日高川町長選 現職久留米氏が後援会事務所開きで決意

    写真=「まだまだ日高川町はよくなる」と久留米氏  5月11日告示、16日投開票の日高川町長選挙で、唯一出馬を表明している現職の久留米啓史氏(65)=江川・1期=の後援会(三村康雄会長)は17日、事務所開きを行った。…
  • ニホンザル 日高川玄子で217頭の群れ確認

    写真=今年2月中旬、日高川町中津川の山で捕獲オリに群がるサル(町農業振興課提供)  県は2020年度、日高川町玄子で「GPS(全地球測位システム)首輪」を活用したニホンザルの行動調査を行い、前年度に同町蛇尾で207…
  • 日高川のふじ棚ロード 今週末から見頃に

    写真=白藤が満開を迎えつつあるふじ棚ロード  日高川町初湯川、リフレッシュエリアみやまの里森林公園内のふじ棚ロードは、白藤(だるま藤)が満開を迎えつつあり、九尺藤の中咲の白と紫も徐々に開花が始まり、今週末から来週に…
  • 紀州体験交流ゆめ倶楽部が始動

    写真=除幕した看板を囲んで関係者  今回の新しい組織では窓口を一本化したワンストップとし、スピーディーな対応を図ることが大きなメリット。運営コストの削減、コンテンツのパッケージ化などの向上も図る。  現在の会員数…
  • 日高川で稚アユの遡上始まる

     日高川で稚アユの遡上(そじょう)が始まった。河口から約8㌔離れた日高川町若野の堰堤(えんてい)では、上流を目指す体長7、8㌢のアユが魚道の段差を次々とジャンプする姿=写真=がみられる。  昨年秋に河川の下流域で孵…
  • 日高川町がワクチン接種コールセンター開設

    写真=接種券等の送付準備に追われる職員  日高川町は22日、新型コロナウイルスワクチン接種の「相談コールセンター」を開設した。場所は役場本庁1階の保健福祉課隣。  保健師資格を持つ職員がワクチン接種に関する相…
  • まるまつ農園の超熟しらぬい プレミア和歌山奨励賞

    写真=超熟しらぬいを収穫する松井代表  県が優れた県産品をブランド認定して推奨する「プレミア和歌山」の第13回推奨品に84品目(65事業者)が決まり、奨励賞に日高地方から日高川町松瀬、まるまつ農園(松井利郎代表)の…
  • 全国土地改良功労者表彰 川辺周辺土改区の山下氏受賞

    写真=山下参事  全国土地改良事業団体連合会の第62回全国土地改良功労者表彰で、県内からは職員表彰として唯一、川辺町周辺土地改良区(藏光利一理事長)の山下和巳参事(69)=由良町里=が選ばれた。  山下氏は2…
  • 日高川で東日本大震災の写真展

    写真=御坊署提供の写真など87枚を展示  日高川町小熊の町防災センターで26日まで、発生からきょうで10年を迎えた「東日本大震災」のパネル写真展が開かれている。  2011年3月11日に発生した巨大地震が大津…
  • 日高川の笠松小に県農業教育賞奨励賞

    写真=受賞に笑顔の笠松小児童と小林さん  県と県農業協同組合中央会が主催する第30回2020年度県農業教育賞で、日高川町の笠松小学校(楠本勝洋校長)が奨励賞を受賞。3日、同校で表彰状の伝達式が行われた。  今…

フォトニュース

  1. いまが見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る