カテゴリー:日高川町

  • とくし丸料理コンテスト 日高川の貴志さんが大賞

     移動スーパー事業を全国展開する株式会社とくし丸(徳島県)が、利用者を対象に実施した第3回とくし丸料理コンテストで、日高川町佐井の貴志尚子さん(81)が考案したレシピ「アジ(きずし)のたまご巻き」が見事大賞を受賞した。 …
  • 笠間陶芸大賞展 日高川の森口さんが入選

    写真=森口さんの入選作品「コンポジション」  日高川町和佐在住の陶芸作家、森口剛次さん(73)の作品が、笠間陶芸大賞展(同実行委員会、茨城県陶芸美術館主催)一般公募の部で入選。茨城県陶芸美術館が昨年開館20周年を迎…
  • 夏の高校野球和歌山大会 日高中津が慶風に快勝

     第103回全国高校野球選手権和歌山大会4日目の12日は2回戦2試合が行われ、第2試合で日高中津が慶風に10―4で快勝した。日高中津は初回に打線が爆発、大量7点を奪って主導権を握り、守っては3投手の継投で逃げ切り、初戦を…
  • 夏の交通安全運動スタート

    写真=小熊地内で啓発物品を配る交通指導員  わかやま夏の交通安全運動が11日からスタートし、日高川町では12日朝、路上での街頭啓発が行われた。  町交通指導員と御坊署員らが町内3カ所で展開。小熊の町道では車を…
  • 日高川の甘夏ジュレ発表へ

    写真=記者会見で「イジュ~レ」をPRする関係者  吉本興業グループ所属の和歌山県住みます芸人のわんだーらんどが日高川町の若手農業者らとタッグを組み、2年前から耕作放棄地の維持管理等を進めて新規移住就農者獲得につなげ…
  • 紀中森林組合に県緑化功労賞

    写真=森林学習で間伐を体験する児童(2018年11月、和佐小)  森林や樹木の保護・育成活動に功績があった団体を表彰する県の「緑化功労賞」森林教育・研究部門で、日高川町の紀中森林組合(中家哲組合長)が選ばれた。13…
  • 日高川漁協がアマゴの稚魚放流

     日高川漁協は22日、日高川町上初湯川と初湯川地内の日高川支流約20カ所でアマゴ約4万匹を放流した。  放流は今月1日から24日にかけての6日間行い、龍神村の大熊、小森、日高川町の大滝川など全体で約30万匹を放…
  • 日高川の久留米町長が2期目初登庁

    写真=役場前で女性職員から花束を贈られる久留米町長  先の日高川町長選で無投票当選となった久留米啓史町長(65)は31日が2期目のスタートで、職員と支持者ら約100人の出迎えを受けて登庁した。  訓示式では、…
  • 和歌山信愛大の1年生が日高川町でフィールド学習

    写真=山下さんの話を聞く和歌山信愛大学の学生  和歌山信愛大学の日高地方出身者4人を含む1年生13人が22日、日高川町と御坊市でフィールド学習を行った。  2年生から行う地域学習に向けて、地域の課題やよさなど…
  • 日高川のバイオセンター中津 イタドリの優良苗販売へ

    写真=苗を引き渡しは6月1日から  郷土山菜のイタドリ(別名ゴンパチ)の栽培や商品開発に取り組む地域が増えている。県林業試験場(上富田町)は2019年に優良系統苗として「東牟婁3」を選抜し、2年前から日高川町高津尾…

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る