カテゴリー:日高川町

  • 日高川の豊嶋住職 今年も寒行

    写真=「南無阿弥陀仏」を唱えながら歩く豊嶋住職  日高川町玄子、浄土宗円通寺の豊嶋英雄住職(66)は、暦の上では一年で最も寒い日といわれる「大寒」の20日、通算1127回目の寒行を行った。  寒の入りの1月…
  • 県高校バスケ新人大会 和歌山南陵が創部1年目で優勝

    写真=優勝カップを前に和歌山南陵メンバー  県高校バスケットボール新人大会が9日から12日まで、湯浅スポーツセンターなどで開かれ、男子の部で創部1年目の和歌山南陵が初優勝を飾った。チーム一丸、持ち味の堅守速攻を発揮…
  • 日高川町で阪神淡路大震災写真展

    写真=26年前の被災地を写した写真パネル等展示  日高川町防災センターは29日まで、阪神淡路大震災パネル写真展を開催している。  1995年1月17日の大震災から今年で26年。横倒しとなった阪神高速道路、新幹…
  • 今冬一番の寒波 奥日高で積雪

    写真=寒川地内の積雪(撮影=近藤雄一)  この冬一番の強い寒波が流れ込んだ影響で、県内も8日、各地で厳しい冷え込みとなり、日高地方の山間部は雪が積もった。今後も10日ごろにかけて引き続き強い冬型の気圧配置となる見込…
  • 中紀地区高校バスケリーグ 南陵男子が初優勝

     県バスケットボール協会のU18(高校)中紀地区リーグ戦は20日に最終日を迎え、男子の部で和歌山南陵が初優勝を飾った。今年春の創部から、1年生だけで公式戦初の栄冠。全4試合100点超えの攻撃力を発揮し、来月の県新人大会へ…
  • 万壽丸生誕700年を祝う会が発足

     郷土の偉人に光を当てよう――。道成寺の二代目釣り鐘をよみがえらせた中世の人物、逸見(へんみ)万壽丸が来年生誕700年を迎え、記念祭として釣り鐘が京都の妙満寺から「お里帰り」するのを前に、地元の有志らが「逸見万壽丸生誕七…
  • アンサンブルコンテスト 松洋中と南陵高が県大会へ

    第49回県アンサンブルコンテスト地区大会中紀地区アンサンブルコンテストが20日、有田市文化福祉センターで開かれ、中学校の部で松洋の管打5重奏、高校の部で和歌山南陵の管打6重奏が県大会出場を決めた。 中学校は…
  • 日高川の放置鶏ふんに消防が放水

     ブランド鶏肉を育てていた有田養鶏農業協同組合(有田川町)が経営難に陥り、日高川町内の施設に鶏の死骸やふんが放置された問題で、日高広域消防本部は18日、大規模な火災の危険がある初湯川・猪谷地区の同組合鶏ふん置き場で放水を…
  • 次期日高川町長選 現職久留米氏が出馬表明

     日高川町の久留米啓史町長(64)=江川=は14日の議会一般質問で、5月28日の任期満了に伴う次期町長選挙に向け、「出馬を決意している」との意向を示した。すでに後援会とも話し合い、引き続き支援を受ける方向になっていること…
  • 海南海上保安署 人命救助の長谷さんに感謝状

     日高町沖合の海でカヤックにつかまり、漂流していた30代の男性を助けたとして、海南海上保安署(福井明裕署長)は14日、由良町網代の漁業、長谷勝さん(75)に感謝状を贈った。  同署によると、11月8日、湯浅町の男性…

フォトニュース

  1. ボクらも癒やされます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る