カテゴリー:御坊市

  • 死体遺棄容疑 御坊の58歳男を逮捕

     同居する母親の遺体を自宅敷地内の倉庫に放置したとして、御坊署は11日、長男で御坊市湯川町富安の無職山田淳一容疑者(58)を死体遺棄の疑いで逮捕した。容疑を認めており、同署は動機について詳しく聞いている。  調…
  • 和歌山高専 オンラインで授業再開

     新型コロナウイルスの影響で学校の臨時休校が続くなか、和歌山高専では11日からオンライン授業がスタートした。学生たちは自宅でパソコンなどを使って授業を受けるとともに、課題などもオンラインで提出。学校再開のめどは立っておら…
  • 飲食店応援プロジェクト ウェブサイトもオープン

     新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている地元の飲食店を応援しようと、御坊日高飲食店応援プロジェクト実行委員会が行っている「テイクアウト&デリバリー in BUY LOCAL」のウェブサイトができ、さらに使いやすく…
  • 御坊の小学校 ドリルの進め方動画を配信

     新型コロナウイルスの感染拡大防止へ学校の臨時休校が続く中、御坊市の藤田小学校では運営するHPで児童向けに学習支援動画を公開している。現在は、宿題として配っている漢字ドリルの進め方を紹介。教諭らの音声入りで分かりやすく説…
  • 御坊市長選立候補予定者説明会は三浦氏陣営のみ

     任期満了(6月10日)に伴う御坊市長選(5月17日告示、24日投開票)で、市選挙管理委員会(槙島敏一委員長)の立候補予定者説明会が23日、市役所で開かれ、すでに出馬表明している新人の元県職員、三浦源吾氏(60)=島=の…
  • 御坊市立図書館 臨時休館前に駆け込み貸し出し

     御坊市立図書館は19日、臨時休館(20日から5月6日まで)を前に多くの人が訪れ、約1400冊の貸し出しがあった。  新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、御坊市の教育委員会関連施設はすべて19日から休館となった…
  • 御坊の自主防犯隊 パトロール活動スタート

     御坊市の薗自治連合会は17日、薗会館で安心安全まちづくり自主防犯組織隊のパトロール出発式を行った。  20年以上前から続けている夜間の防犯パトロールで、防犯組織隊には女性を含む各自治会の隊員が所属。「自分たち…
  • 御坊市ふるさと納税 寄付者に高校生のメッセージカード

     御坊市は、日高高校の女子生徒3人と協働で、ふるさと納税の寄付者に送付するメッセージカード300セットを作った。  同校は、2年生の総合的な学習で地域の現状と課題について能動的に理解を深め、グローバルな視点から…
  • 日高看護専門学校 第7期生36人が入学

     御坊市の日高看護専門学校(鳴尾悦子校長)で8日、第7期生の入学式が行われ、36人(男子12・女子24)が看護師への第一歩を踏み出した。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため保護者、来賓は不参加とし、校歌斉唱…
  • 御坊市長選 新人三浦氏が出馬表明

     任期満了に伴う御坊市長選(5月17日告示、24日投開票)に向け、新人で元県職員の三浦源吾氏(60)=島=が7日、立候補を表明した。4年前の前回に分裂した保守勢力を一つにまとめられる候補を、との声を受け、38年間の行政経…

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る