カテゴリー:御坊市

  • お茶の八百香園 フレッシュで香り高い日本茶

    お茶の八百香園では、秋のお彼岸のお供えに、お茶の詰め合わせギフトをオススメしています。 「玄米茶・青柳茶」(2000円~)、「上玄米茶・上青柳茶」(3000円~)、「煎茶・上青柳茶」(5000円~)などをご用意。…
  • 和田勇氏と親交あった3人が御坊を訪問

     御坊市名誉市民第一号で、1964年の東京オリンピック誘致に尽力した故和田勇氏と生前親交があった男性3人が11日、市役所前のレリーフを見に訪れた。柏木征夫市長や和田勇顕彰会のメンバーらが歓迎。懇談で3人は「和田勇さんは無…
  • ねんりんピック 花いっぱい運動スタート

     11月9日から開催される第32回全国健康福祉祭わかやま大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)で、全国から訪れる人を温かく迎えようと、主な駅や会場を花で装飾する県の「花いっぱい運動」がスタートした。  花…
  • 自民党役員人事 幹事長は二階氏が続投

     安倍晋三首相は11日、内閣改造と自民党役員人事を行い、幹事長に二階俊博衆議院議員(80)=和歌山3区・当選12回=の留任、参議院幹事長に前経済産業大臣の世耕弘成参議院議員(56)=和歌山県選挙区・当選5回=の新任が決ま…
  • 世界津波の日サミットに日高高から2人

     「世界津波の日」2019高校生サミットin北海道「記憶を未来へ、備えを明日へ~北の大地からイランカラプテ(アイヌ語でこんにちは)。自然災害の脅威と対応を学ぶ~」が10、11日に北海道立総合体育センター「北海きたえーる」…
  • ひだか病院 曽和院長に厚労大臣表彰

     地域の産科医療の確保、推進に貢献した医師や団体をたたえる厚生労働大臣表彰の受賞者が決まり、県内からはひだか病院院長の曽和正憲氏(67)=和歌山市西大工町=が選ばれた。9日、同省講堂で表彰式が行われる。  曽和…
  • 黎明会が中国のコンサル会社と業務提携

     国内外の富裕層を主なターゲットに、ゆったり豪華な人間ドックを提供している御坊市の社会医療法人黎明会(健診センター・キタデ)は2日、中国・北京を中心にコンサルタント業務を行っているモントレー生物科学技術有限公司と、健診や…
  • ひだか病院 新名称でスタート

     御坊市の国保日高総合病院で1日、創立70周年記念式典と新病院名除幕式が行われ、病院の名称を「ひだか病院」として新たなスタートを切った。(10面に関連記事)  病院や管理運営する御坊市外五ケ町病院経営事務組合の…
  • おんぱく 3年連続で参加者1000人超す

     7月から8月にかけて日高地方全域で行われた御坊日高博覧会(おんぱく)2019の結果報告会が1日、御坊市の御博事務所で開かれ、参加者数などの実績が発表された。  プログラムは昨年と同じ45で、御博レストランの1…
  • 住宅用火災警報器 御坊市の設置率83・3%

     御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務づけられて13年となる今年6月1日時点で83・3%。県内の79・1%、全国の82・3%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が目安。同消防は普段の維持管理…

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る