カテゴリー:御坊市

  • 認知症の当事者ら柏木御坊市長に感謝

     全国初の認知症当事者の視点に立った「認知症の人とともに築く総活躍のまち条例」の制定をはじめ、先進的な認知症施策を進めた御坊市の柏木征夫市長に5日、関係機関と市内の介護サービス事業所や当事者ら認知症施策推進チームから、手…
  • 御坊の幼稚園で花の日に礼拝

     御坊市の御坊はこぶね幼稚園(太田健一園長)は5日、キリスト教の「花の日」行事としての礼拝を行った。  花の日は6月の第2日曜にキリスト教会で行われている行事。同園では毎年、園児たちが市内の事業所を訪問し、感謝の気…
  • 小中学校で通常授業再開

     新型コロナウイルスで臨時休校となっていた日高地方の各小中学校は、1日から通常授業を再開した。各学校ではマスク姿の児童、生徒たちが元気に登校。手洗いや換気など感染対策を徹底してのスタートとなったが、教室には子どもたちの元…
  • 御坊寺内町会館 6月2日から再オープン

     新型コロナウイルスの影響で3月から休館していた御坊市御坊の御坊寺内町会館は、メイン展示物を一新して6月2日から再オープンする。  新しいメイン展示は、テーマを「御坊今昔物語」として、寺内町の繁栄と御坊のまちの…
  • 日高地方でも活動開始

     日高地方でも、アフターコロナに飲食店へ来てもらう「未来チケット」のプロジェクトが動いている。新型コロナウイルス感染防止対策としての自主規制等で、売り上げが減少した飲食店の事業継続を支え合うための資金調達と、将来の利用に…
  • なれずしの「八ッ房」 今月末で閉店

     日高地方の秋祭りには欠かせないなれずしの専門店、御坊市湯川町丸山の紀州なれずし「八ッ房」が今月末で閉店する。ふるさと伝統の味を守り、お客さんに愛され45年余り。〝大将〟の津村孝房さん(78)が難病を患ったためで、惜しま…
  • 御坊市消防団が女性団員を募集

     御坊市消防団は、「女性消防班」の発足に向けて、団員を募集する。男性団員のように火災現場に出動するのではなく、市民の火災予防や防災意識を高める広報や啓発が主な任務。女性のソフトな面を生かし、消防団活動の充実強化や地域防災…
  • 日高、紀央館高校で分散授業スタート

     県立の日高高校と紀央館高校は20日、6月1日の学校再開に向けての準備となる分散授業をスタートさせた。各クラスで出席番号の奇数と偶数の2グループつくり、午前、午後に分かれて登校。3年生は「受験を控えているので、授業が再開…
  • 御坊市の地方創生臨時交付金事業案まとまる

     御坊市は、新型コロナウイルス対応型地方創生臨時交付金(限度額1億1545万4000円)の事業案をまとめ、19日の議会全員協議会で説明した。事業は経済や生活の支援を中心に11項目で、事業費は計1億8000万円。限度額超過…
  • 新御坊市長に三浦さん

     任期満了に伴う御坊市長選が17日、告示され、新人で無所属の元日高振興局長、三浦源吾氏(60)=島=のほかに立候補の届け出はなく、2008年以来12年ぶりの無投票で初当選が決まった。前回4年前の市長選で分裂した保守勢力を…

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る