カテゴリー:特集・連載

  • 終わらざる夏2018⑧ 丸山百合子さん

    栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満州(中国東北部)の全土を占領。その後、関東軍主導の下に同地域は中華民国からの独立を宣言し、32年(昭和7)3月1日に満州…
  • 終わらざる夏2018⑦ 小瀬静代さん

    カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日、御坊市薗の小竹八幡神社北で、大出歯科医院を経営する弥三太郎さんの長女として生まれた。きょうだいは静代さんを含め6人と多…
  • 終わらざる夏2018⑥ 田中新次さん

    横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制度。米国との戦争では多くの少年たちが大日本帝国陸軍、帝国海軍の志願兵として国防等に従事。命を落とす少年兵もたくさんいた。…
  • 終わらざる夏2018⑤ 宮本貢さん

    家族のために働いた少年時代 子どものころ病気の父に代わって家族のために働き、防空監視哨の勤務員として徴用された日高川町江川の宮本貢さん(91)。海軍入隊後は人間魚雷の操縦訓練を受け、原爆が投下された…
  • 終わらざる夏2018④ 山中登さん

    教師に怒り、強くした反骨心 午前9時で30度を超える猛暑。海のすぐそばにある家は窓がすべて開け放たれ、心地よい風が吹き抜ける。ことしもまた忘れられない8月がやってきた。米寿を迎えた登さんは最近、蝉がやかましい夏になると…
  • 終わらざる夏2018③ 長岡竹治さん

    農作業中、B29が爆撃 農業の傍ら川辺町議会議員も務めた経験があり、ことし7月には高齢者叙勲を受章した日高川町千津川の長岡竹治さん。88歳ながら趣味のゲートボールの練習には欠かさず参加し、健康を保っている。日々、仲間と…
  • 終わらざる夏2018② 中村サゞ枝さん

    妻を残し大陸で戦った夫 美浜町浜ノ瀬に住む中村サゞ枝さん(100)は1918年(大正7)、父熊吉さん、母イチさんの四女として生まれた。サゞ枝さんと姉(長女)のとしえさんは17歳以上離れていて、サゞ枝さんが物心つくころに…
  • 終わらざる夏2018① 武市弘さん

    命からがらトラック諸島へ 1944年(昭和19)、南方の激戦地の一つ、トラック諸島で約1年4カ月、雨のように降り注ぐ機銃掃射の中を生き延び、無事帰国を果たしたみなべ町晩稲の故武市弘さん。2011年8…
  • 終わらざる夏2017⑦ 平和を願い、伝えたい㊦

     元海軍中尉の池田武邦さんは静岡県の出身で、昭和15年、神奈川県立湘南中学校を出て16歳で広島県江田島の海軍兵学校へ入校。18年、軽巡洋艦矢矧(やはぎ)の航海士官となり、20年4月7日、戦艦大和などとともに沖縄への海上特…
  • 終わらざる夏2017⑦ 平和を願い、伝えたい㊤

     昭和19年6月のマリアナ沖海戦で大敗を喫し、続く10月のレイテ沖の海戦も敗れ、20年3月には本土防衛最後の防波堤だった硫黄島が陥落。B29による都市空襲は一気に激しさを増し、さらに戦闘機による攻撃も加わり、日本はほぼ丸…

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る