カテゴリー:日高春秋

  • 科学の進歩は諸刃の剣

     回転寿司チェーンのスシローは、自動的に皿の枚数を数えることができるシステムを、リニューアルオープンした兵庫県伊丹市の店舗に導入した。これまでは店員が皿の枚数を計算していたが、寿司が回るレーンの上部にカメラを取り付け、客…
  • スマート、AI農業先進地に

     日本一の梅の産地みなべ町担当となり、44歳にして初めて梅拾いを経験した。農家の息子として育ち、子どものころから手伝いをしたので畑仕事には慣れているつもりだが、初体験となると勝手が違うのと、加齢の影響は自分が思っている以…
  • 人生100年時代のスポーツ

     2020年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック開催の年。そのあと、秋にも東京で開かれるスポーツの世界大会がある。「マスターズホッケーワールドカップ2020東京大会」だ◆世界各国の60歳以上のシニアによるホッケー…
  • 年に一度は目をそらさず

     先日、年に一度の健康診断を受診した。このイベントが憂鬱になったのはいつごろからだったかと振り返ってみた。  4、5年前。37、38歳ごろから、血液検査の結果が基準値を超える項目がひとつ、ふたつと出始めてからだ…
  • 夜空を見上げ願い事を

     蒸し暑くうっとうしい梅雨空が続いている。7日は織姫と彦星が年に一度、天の川を渡って会うといわれる七夕だが、この2つの星の物語も天文学者の目でみれば、それほどロマンチックでもなくなってしまう。  星の寿命はざっ…
  • 実は頼もしいクモ…

     夏場になるとよく見かけるクモ。筆者は大の苦手であり、特に足の長い「アシダカグモ」は、見た目のグロテスクさが尋常ではなく、最も嫌い。自宅では複数のポイントに殺虫剤を常備し、見つけしだい退治している。  先日も1…
  • 令和最初の夏、地元勢に期待

     夏の甲子園出場がかかる第101回全国高校野球選手権和歌山大会の組み合わせが決まり、12日の開幕はすぐそこ。今夏はいったい、どんな熱戦が繰り広げられるのだろうか。  4つのゾーン別にみると、海南がシード校のAゾ…
  • おかしなことは相談

     先日、御坊市内の老人クラブが、県警OBの特殊詐欺被害防止アドバイザーを招き、研修会を開いた。アドバイザーは特殊詐欺の手口やだまし文句を説明し、「身に覚えがない内容の電話やはがきがきても落ち着いて、警察や誰かに相談してく…
  • Sテニスの魅力伝えたい

     ソフトテニスのゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップの女子ダブルスで和歌山信愛の前本真弥選手(2年)=清流中出身=のペアが優勝に輝いた。前本選手は印南ジュニアで練習を始め、中学校でもソフトテニスを続け、高校では強豪の…
  • 非日常の体験こそが観光資源

     先日、4月に入省した厚生労働省等の職員3人が由良町で新人研修を行った。5日間滞在し、観光名所の白崎海岸、戸津井鍾乳洞、興国寺などを見学したほか、農業者らとの意見も交換した。最終日には成果発表会が開かれ、感じたことなどを…

フォトニュース

  1. かわいいよ「子」

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る