カテゴリー:日高春秋

  • 志村けんさんの訃報に思う

     小学校低学年の頃、一番好きな番組の一つが「8時だヨ! 全員集合」だった。時間になるとテレビの前に走っていき、プロレス好きな父とチャンネル争いしたこともあった。志村けんさんが荒井注さんに代わってドリフターズに加わった時の…
  • 窮地に誰かのために動けること

     JA全中の日本の畜産・酪農を応援するキャンペーンが話題になっていた。もともとは100人にお肉や乳製品が当たるキャンペーン。これを当選者5300人に大幅拡大。中でも「国産黒毛和牛ロースステーキ(1万円相当)」のプレゼント…
  • 未来に怯えずいますべきことを

     桜の季節も、今年は花見どころではない。ニュースは感染症の死者数や落ち込む景気の話ばかり。日本中が雨雲に覆われたような毎日が続くなか、志村けんさんの訃報には、かなり冷たい体感温度で衝撃を受けた。  卒業式や入学式が…
  • マスク不足何とかして

     新型コロナウイルス感染症の予防対策で、3月は政府が目標に掲げた6億枚を超えるマスクが供給され、シャープも工場で生産を始めるなど、全国的な供給態勢は強化されつつあるが、依然マスクが手に入りにくい。  日高地方で…
  • 意外な影響が心配

     新型コロナウイルスの感染拡大で、日に日に影響が広がってきている。一部スポーツ紙によると、3月の全国百貨店売上高は前年同月比約4割減。宿泊業の3、4月の予約は施設によって前年同月比30~90%減の見込みと記されていた。空…
  • 分かりやすく伝える

     もはや地球規模といえる新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中の都市で封鎖措置や外出禁止令が出されるなか、「ソーシャル・ディスタンシング」というワードを目にした。調べてみると、感染予防戦略を示す言葉で、「感染拡大を防ぐた…
  • 感染防止へ意識新たに

     引き続き新型コロナウイルスが猛威を振るっている。小中高校や保育園、幼稚園の卒業、卒園式も出席者を限定したり、時間を短縮して行った。休校要請の翌日に急きょ、式を行った高校では卒業生と教職員のみ出席。通常の卒業式と違って緊…
  • 困難を乗り越える力は周囲の支え

     7月から始まるはずだった東京オリンピックが新型コロナウイルスの影響で1年程度延期が決まった。今まで世界大戦で夏季と冬季が計5回中止になったことはあるが、延期となるのは今回が初めてだという。出場権を獲得していた選手たちに…
  • 世界に誇る和歌山モデル

     新型コロナウイルス感染者は、ヨーロッパやアメリカで爆発的に増えている。イタリアでは25日現在で感染者が7万人に迫り、死者は6800人を超えた。日本国内の感染者は同日現在で1219人、死者は43人(クルーズ船除く)。今の…
  • 近代五輪史上初の延期

     やはりというべきか、東京オリンピック・パラリンピックは近代五輪史上初の延期で首相とIОCが合意した。出場アスリートのみならず、関係者、聖火ランナー、テレビ観戦を含め観戦を楽しみにしていた国民皆にとって大変残念な展開だが…

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る