カテゴリー:日高春秋

  • 選手育成法の見直しを

     全国高校野球選手権大会の岩手県大会決勝で、大船渡・佐々木朗希投手が登板を回避したこと。個人的には、甲子園がかかる大一番、エースにはマウンドに上がってほしかった。報道によると、監督が故障の可能性が高いとして起用しない決断…
  • 乗って残す公共交通

     「乗ってみると意外と便利」。先日、日高地方の行政担当者や住民らが参加しての、県の地域公共交通研究会を取材した際、「世代を問わず聞かれる感想です」と紹介されていた。研究会では、国や県の担当者、大学の研究者が公共交通の現状…
  • 戦争経験者の声を後世に

     最近、日露戦争をテーマにした「二百三高地」という1980年の日本映画を観た。日露戦争と言えば日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破って勝利した印象だったが、当時の日本とロシアにはかなりの戦力差があったことが描かれていた…
  • 笑いがもたらす大きな力

     女子ゴルフの今季メジャー最終戦「AIG全英女子オープン」で優勝した渋野日向子選手。素晴らしいショットを連発し、20歳の若さで勝利をつかんだ。日本人では樋口久子さん以来42年ぶりの快挙。プレー以外でもカメラを意識しながら…
  • 戦争、平和とは何か

     「おかっぱの 頭(づ)から流るる 血しぶきに 妹抱きて 母は阿修羅に」。6日に74回目の原爆忌を迎えた広島で行われた平和記念式典で、平和宣言に引用された短歌である。詠んだのは当時5歳だった女性。広島市内の自宅玄関先で学…
  • 京都アニメーションの事件に思う

     京都アニメーション製作の作品をテレビで見たことはなかったが、愛読していたミステリー「氷菓」が同社でアニメ化され、好評だと知ってインターネットの動画で一部を見た。多感な高校生達を描く繊細なみずみずしい表現、自然描写の美し…
  • 天文公園に輝く子どもたちの目

     先日、日高川町和佐のかわべ天文公園で開かれた天体観測会を取材した。  筆者宅の近所にあるが、天文台に入ったのは初めてだった。直径100㌢の大望遠鏡の大きさに圧倒され、ドーム型の天井が360度回転し、設定した方…
  • 事実を踏まえ問題に決着を

     政府が韓国向け輸出管理を強化する方針を決めた。輸出手続き簡略化の優遇措置を受けられる対象国から韓国を除外、7日の政令公布を経て28日から発動する。  先の半導体関連材料3品目と同様、わが国の安全保障のための輸…
  • 地域発展の思い後世に

     印南町皆瀬川の旧真妻小学校で夏休み期間中の夜、高さ32・6㍍のメタセコイアに飾り付けした県内最大のイルミネーションツリーが点灯している。さまざまな色に輝くあかりはとてもきれいで、ぜひ夏の夜のドライブがてら、見に行っては…
  • 集中打光った南部

     第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、優勝候補筆頭だった智弁和歌山の3年連続24回目となる優勝で幕を閉じた。先月12日に開幕、29日決勝の16日間の熱戦。とくに梅雨明けの24日以降、一気に気温が高くなり、選手たちの…

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

戦争体験

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る