カテゴリー:日高春秋

  • チームワークは掛け算

     数年前、大阪市旭区の千林商店街を取材した。国内最初のスーパーといわれるダイエー発祥の地で、いまでも全国有数の商店街として知られる。近年、商店街といえば「シャッター通り」と呼ばれるところが増えているが、取材時は平日にもか…
  • 八百長問題で思う情報管理

     いまニュース番組やワイドショーは、大相撲の八百長問題でにぎわっている。ここ数カ月間をみるだけでも、「よくこうネタがあるなぁ」と思うくらい次から次へといろいろ出てくる。あまりに多すぎて1カ月前のことすら思い出せないくらい…
  • 先人の偉業に思いをはせて

     国産飛行船の初飛行成功から100周年を記念し、飛行船のミニチュアモデルを作るイベントが、先月末に日高川町川原河の山村開発センターで行われた。和歌山市の模型メーカー「エアロベース」経営の岩見慎一さんに教わりながら、親子ら…
  • 梅林で梅消費の仕掛けを

     2月4日の立春が過ぎ、日増しに暖かくなってきた。野山では梅の花が咲き、川沿いではネコヤナギも花穂を出し始め、春の気配があちこちで感じられる。洋服店にはすでに春が到来、冬物のコートやジャンパーが店内から見られなくなり、薄…
  • 子どもの心育てるのは人

     1月があっという間に行き、立春も過ぎて暦の上ではもう春だ。卒業、入学、別れと出会いの季節もすぐにやってくる。考えてみれば、人生は別れと新たな出会いの繰り返し。そうやって知らず知らずのうちに豊かな感情や人への思いやりを育…
  • 豊かな山へ願いを込めて

     和歌山県の異称「紀の国」とは「木の国」を意味する。県土の7割以上が山林である地にはふさわしい名である。7世紀には「木国(きのくに)」だったのが、713年に国名を定めた時「紀伊国」としたそうだ。5月22日、この「木の国」…
  • みんなで子どもを守る

     2月は逃げる、3月は去る。寒さへのなぐさめや時間が経つのは早いという意味で使われる言葉。テレビではランドセルのコマーシャルが流れている。先日、同級生との間で「うちの子は黄色のランドセルがいいって言うんよ」という会話にな…
  • 首長に求められる資質とは

     3週連続の選挙、1日に告示された美浜町の首長・町議同時選もいよいよ大詰め。5日間の戦いはきょうが最後で、あす6日夜には有権者の審判が下る。注目の首長選は現職と新人の一騎打ち、「組織力の現職VS草の根の新人」の構図で、寒…
  • 議会自体の活性化を

     2日の市臨時議会で日高港湾及び地域活性化特別委員会が新設された。議員たちにはそれぞれの思いやアイデアなどがすでにあるのかもしれないが、いま一つ何を調査、研究するのか漠然としていてよく分からない。  名称にある日高港湾と…
  • 8年ぶり選挙に思う

     定数11に対して現職9、新人4の計13氏がしのぎを削った日高町議選。定数3削減後初、8年ぶりの選挙戦は戦前の予想、取材通りの結果で、ふたを開けても現職優勢、新人劣勢の構図に変化はみられなかった。  特にこの日高地方など…

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る