カテゴリー:日高春秋

  • 注目の微アル商品

     最近、微アルコール商品が注目されている。微アルコールとは、アルコール度数を1%以下に抑えた新しいカテゴリーの飲料で、度数が1%未満なので、税制上はノンアルコールと同じで酒税がかからない。海外ではコロナ前から人気が高まっ…
  • HYDEで聖地巡礼ブームを

     和歌山市出身のアーティスト、HYDEの新曲「NOSTALGIC」のミュージックビデオの収録が今年6月、由良町大引の白崎海岸で行われた。今月6日にリリースされたシングルCDの初回限定盤に、このミュージックビデオのDVDが…
  • 政治は実効性のある施策を

     新型コロナ禍で打撃を受けている観光産業を支援する和歌山県独自の施策「わかやまリフレッシュキャンペーン」が好評だ。昨年度初めて実施され、今年度は第2弾「2nd」として実施されたが、早々に完売。県では補正予算を組んで今月8…
  • 治水に一生を捧げた偉人

     当地方以外の県内ニュースなどを掲載するページ「NEWS東西南北」で7月、海南市で劇団KCMによって行われたミュージカル「水の如く生きる 井澤弥惣兵衛(やそべえ)」を上演前に紹介した。井澤弥惣兵衛とは江戸時代の治水に尽く…
  • 今後も多くを教えてくれる先輩

     遅ればせながら、筆者も「賀」こと湯川賀弘記者のことを書きたいと思う。10年、20年と共に紙面を作り上げてきた先輩方と違い、筆者が一緒に働いた期間はたったの2年。しかし、この2年の間に、記者として大切なことを教わった。 …
  • 寂しかった最強横綱の引退

     先の九州場所千秋楽で照ノ富士が優勝を決めた数時間後、同じモンゴル出身の横綱白鵬が引退するとのニュースが流れた。7月の名古屋は全勝で45回目の優勝を決め、「これでまた進める」と話していたが、結局、そのまま引退した。 …
  • 星付き店の誕生に期待

     好き嫌いがほとんどなく、何でもおいしく感じる。それぞれの食材、それぞれの味付けを楽しむと言えば聞こえはいいが、ようは雑食。そんな筆者とは縁のない、美食家をうならせるミシュランの星付きホテルやレストラン。いつかそんなとこ…
  • 言葉の本来の意味、言い方

      1歳3カ月になる娘の口数が最近〝めっちゃ〟増えてきた。「ばあ」「ばいない」「こっち、あっち」…〝じみに〟うれしく、〝そっこう〟誰かに話したくなる。成長するにつれ、「まんま」は「ご飯」、「わんわん」は「犬」に〝まるっと…
  • 「連れ出し屋」に注意

     厚生労働省は、ひきこもり支援を行う民間事業者に、通称「連れ出し屋」と呼ばれる悪質な業者があるとして、注意を呼びかけている。連れ出し屋は、高額な利用料を請求したうえ、利用者に暴力をふるったり、軟禁状態にする業者もあるとさ…
  • 今年のインフルは?

     新型コロナウイルスの新規感染者数が落ち着いてきている。8月に国内で2万人を超える日もあったが、最近は1000人未満の日も出てきている。ワクチンの効果なのか、このまま再拡大することなく終息してほしいものだ。  ワク…

フォトニュース

  1. お空に飛んでいけ~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る