カテゴリー:日高春秋

  • 文化部のインターハイ

     第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」が31日、和歌山県で開幕。期間は8月6日までで、全国から高校生が集まり、県内10市町で吹奏楽、英語、弁論など22部門の発表が行われている。  1日には御…
  • スポーツ選手に必要なものは?

     海の向こうのメジャーリーグではエンゼルスの大谷翔平選手が、投手と打者の二刀流で活躍中。31日現在の成績でみると、打者では本塁打37本でア・リーグ2位のゲレロ(ブルージェイズ)に5本差をつけてトップを独走。打点も81打点…
  • 東京五輪に大熱狂

     東京オリンピックは日本勢のメダルラッシュもあって、「ほんとに開催できるの」という大会前の不安の声を吹き飛ばす盛り上がりである。大会開催を信じ、ここに照準を合わせてただひたすらに自分を磨いてきたアスリートの精神力と努力が…
  • アスリートにもらった勇気

     さまざまな声や思惑の中で東京オリンピック2020が開幕し、1週間が経った。この間、日本勢のメダル獲得が連日報じられてきた。そんな中、予選を通過しなかったことが注目された選手たちもいた◆男子体操の内村航平選手は、何年も前…
  • 痛くても楽しく暮らそう

     最近肩が痛い。どうやら四十肩(筆者は40代なので)らしい。「腕が上がらなくなる」と聞いていたが、今のところ垂直に上げられる。でも、腕をひねったり、背中に手を回したりすると左肩に激痛が走る。痛くなって初めて、肩を動かす動…
  • 乗り鉄、音鉄となって

     普段、移動はもっぱらマイカーで、電車やバスに乗ることはほとんどない。そんな人が多い田舎の小さな新聞でも、鉄道に関するニュースはちょいちょいある。つい先日も、JRの人気長距離観光列車「銀河」の記事を掲載した。  鉄…
  • コロナ禍に感動と勇気

     今月23日の東京オリンピック・パラリンピックの開会式。各国の選手入場の一曲目で懐かしい曲が流れてきたと思ったら、家庭用ゲーム機の一大ブームをつくった「ドラゴンクエスト」のテーマ。このほかにも「ファイナルファンタジー」「…
  • 観戦熱中も水分補給

     先日、千葉県八千代市で、車の中にいた1歳の女の子が熱中症とみられる症状で亡くなった。警察は女の子を車内に放置したとして25歳の母親を逮捕。女の子は発見時には意識と呼吸がなく、熱中症とみられる症状で、その後、病院で死亡が…
  • おいのラストサマー

     第103回全国高校野球選手権和歌山大会。先日の2回戦では、地元高校に所属する、おいが和歌山球児の聖地紀三井寺でプレーさせてもらった。試合は力及ばず敗れたが、はつらつとした動きで十分に楽しませてもらった。3年生なのでこれ…
  • オンライン交流に期待

     県の第7回アジア・オセアニア高校生フォーラムが26日から28日までオンラインで開催される。フォーラムは2014年、日高高校の100周年記念行事として最初に行われ、翌年から県が引き継ぐ形で現在の名称になり、今年でもう7回…

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る