カテゴリー:日高春秋

  • 注意とチェックで火災予防

     8日は暦の上で冬が始まる立冬。暦通り朝晩の冷え込みが強くなり、同時に空気が乾燥して火災が起きやすい季節に入った。「ひとつずつ いいねで確認 火の用心」。9日から秋の火災予防運動が展開されている。日高地方でも御坊市と日…
  • 〝止まらない県〟脱却を

     一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、信号機のない横断歩道で歩行者がいる場合に車が一時停止するかの調査結果を発表した。全国合計94カ所で9730台を対象に行った結果、一時停止した車は1660台(17・1%)で、前年調…
  • 少子化の中、どう祭りを継承するか

     10月初めから約1カ月間にわたって日高地方の各地で秋祭りが催された。改めて熱気やパワーを感じたが、取材を通じて神輿や四ツ太鼓の担ぎ手が不足しているという悩みにも直面した。実際、今年で獅子舞などの余興が終了し、来年からは…
  • 女性の活躍で火災予防

     沖縄県那覇市で発生した首里城の火災には、沖縄県民だけでなく多くの日本国民が胸を痛めた。筆者も一度、20年ほど前に訪れたことがあるが、鮮やかな朱色が印象的で、沖縄といえば美しい海と首里城が思い浮かぶ。その沖縄のシンボルが…
  • 人類は4年ごとに夢をみる

     和歌山県民文化会館で行われた「シネマシアター」で、市川崑監督「東京オリンピック」を鑑賞した。アジア初の五輪を克明に記録した、3時間近い大作である。当時「記録か芸術か」と大論争を巻き起こしたという◆競技場建設のため重機が…
  • 経験と教訓で判断力を養おう

     今月5日は、「世界津波の日」だった。これに合わせ世界の各地で避難訓練などが実施され、県内でも南海トラフ地震など大規模災害に備え、県、市町、自衛隊、海上保安庁、県警、消防、災害派遣医療チーム、通信会社など約130機関が参…
  • 高まる国際秩序の危機

     中国とロシアが軍事同盟を締結するとかしないとか。一部報道では「両国指導部は同盟締結の方針を決定済み」とあるが、ロシアの軍事専門家は「それは両国政府の公式発表ではない」とし、どちらも軍事同盟を締結する意図はないだろうとい…
  • 話題尽きない印南駅

     何かと話題となる印南町のJR印南駅。日高新報でも何度も取り上げているが、愛嬌のある結構リアルなカエルのオブジェや自由に弾けるピアノなどを設置。相当なインパクトがあり、テレビ朝日の「珍衝撃映像バラエティー ナニコレ珍百景…
  • 本屋の魅力を再発見

     最近、よく長女と一緒に本屋へ行く。長女は付録付きの雑誌がお目当てで、その付き添い。でも、実際にたくさんの本に囲まれた空間に入ると、タイトルやポップにも誘われ、店内では逆に長女を待たせることもある。  長女が雑…
  • 生活習慣改善で健康に

     健康診断の結果が届き、「γ―GTPが上昇しています。精密検査をお勧めします」とあった。γ―GTPは肝臓由来の酵素で、肝臓や胆道に障害がある場合、過剰な飲酒、脂肪肝で数値が上昇するという。周りの人に話すと、お酒を飲む人た…

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る