カテゴリー:フォトニュース

  • 2月中旬まで見頃です

     由良町大引、県立白崎青少年の家で19日、第17回すいせん祭が行われ、家族連れら多くの人が咲き誇る純白の花を楽しんだ。  青少年の家周辺は、八重咲きや一重咲きのスイセン約10万本を超える群生地。毎年見ごろを迎え…
  • ええ感じやで

     日高町小池の奥田洲子さん(77)が自宅で開設している高齢者サロンのカフェ「萩」で、昨年9月6日から12月13日までの約3カ月間、高齢者の筋力をアップさせる「いきいき百歳体操」が行われ、参加者からは「体が軽くなった」など…
  • ゾウエンはおまかせくださ~い

     御坊市名田町上野にある県指定史跡、仏井戸・上野王子旧地(熊野参詣道紀伊路)で15日、上富田町に住むドイツ人庭師ドミニク・シュミッツさん(40)=写真左=が剪定(せんてい)作業を行った。  ドミニクさんは199…
  • キノピーかわいい!

     県と各市町村でつくる紀の国ふるさとづくり協議会は16日、わかば保育園でキノピー教室を開き、子どもたちに木の大切さを説明した。  県の森づくり・ふるさとづくりPRキャラクターのキノピーが登場すると子どもたちは大…
  • Aコープでも売ってます

     日高町観光推進戦略プロジェクト協議会(会長=松本秀司町長)が商品化したさばコロッケの販路が広がり、今年から県内のAコープ16店で販売が始まった。これまでは比井崎漁協だけが扱っていた。  町内で水揚げされたサバ…
  • 見よ! この迫力の舞

     由良町門前の臨済宗鷲峯山興国寺(山川宗玄住職)で13日、成人の日恒例の天狗まつりが行われ、天狗の神通力にあやかろうと多くの参拝者が訪れた。  降魔大祈願で無病息災や交通安全を祈ったあと、境内下の特設舞台に移動…
  • どれにしようかな…

     御坊市内を走る紀州鉄道の車内を昔懐かしい駄菓子や看板等で飾り付けた「駄菓子列車」が11日、運行をスタート。初日から多くの親子連れらが乗車してにぎわった。  「8分間のノスタルジー」を体験してもらおうと、車内を…
  • かけるときはあわてないで

     10日の「110番の日」に合わせ、御坊署は御坊市のオークワロマンシティ御坊店前で啓発活動を行った。  署員と日高地方民警連絡協議会(北村哲夫会長)のメンバーが啓発用のチラシやティッシュを配布。110番通報の適切な…
  • めっちゃでっか!

     御坊市の御坊幼稚園(菅原吉人園長)の園児は8日、ダイコンの収穫を行った。  JA紀州の食育教育事業の一環。栽培袋の中に種をまき、園児たちが大切に育ててきたダイコン。中には特大サイズにまで成長したものもあり、引…
  • 僕たちが一番最初だよ

     美浜町田井と吉原を結ぶ町道吉原上田井線と「令和新橋」が8日、開通した。  吉原上田井線は、御坊市湯川町財部のオークワロマンシティ御坊店西約400㍍、田井地内の町道田井和田中央線と吉原地内の美浜中央線(農免道路…

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る