カテゴリー:フォトニュース

  • ほら、力抜いたら浮くやろ?

     みなべ町山内、ホテル&リゾーツ和歌山みなべの屋外プールで23、24の2日間、着衣水泳体験会が開かれ、地元の親子連れらが万一に備えて水に浮くコツを学んだ。  地域住民に水難事故に備え、安全意識を高めてもらおうと…
  • マスクは小さい袋に入れてね

     御坊広域清掃センターを運営している御坊広域行政事務組合を構成する御坊、美浜、日高、由良、印南、日高川各市町一般廃棄物担当課が、新型コロナウイルス感染予防対策として、家庭ごみの正しい出し方について協力を呼びかけている。 …
  • 燃える炎に祈りを込めて

     印南町島田、宗教法人弘龍庵で20日、水子供養会が開かれ、県内を中心に多くの人が参列した。  新型コロナウイルスの感染予防のため参列者のマスク着用や消毒を徹底。水子地蔵の前でお勤めがあり、焼香を行った。グラウン…
  • 意外と簡単に浮きますよ

     みなべ町山内のホテル&リゾーツ和歌山みなべは23、24の2日間、着衣水泳体験会を開く。  地域住民に水難事故防止の意識を高めてもらおうと、初めての取り組み。ホテルの屋外プールを使い、専門のインストラクターを招…
  • 公開が待ちきれない!

     御坊日高が舞台の映画「ソワレ」のポスターが御坊商工会議所に届き、28日からの全国公開へ向けて各所に掲示されている。   ソワレは、俳優で演出家の豊原功補さんや歌手で女優の小泉今日子さんらが設立した新世界合同会社の…
  • 自分で作るからおいしいぞ

     日本宇宙少年団みなべ梅の里分団(細川安弘分団長)の夏合宿が8、9の2日間、由良町の白崎青少年の家で行われ、小学4年から中学1年までの団員19人が野外炊飯などに挑戦した。  新型コロナウイルスで活動が中止され、…
  • 社殿中のもしっかりと

     印南町社会福祉協議会サマーボランティアスクールの環境整備ボランティアと災害ストックヤード点検ボランティアが8日から10日まで町内各地で行われ、小中学生ら延べ125人が参加した。  環境整備ボランティアは印南避…
  • 揺れる火に思いを込めて

     美浜町田井のメモリアルウエスト(岩中豊泰社長)の玄関前に13日夜、「迎え火」として精霊を迎えるろうそくの火がともされた。  先祖の魂を迎え、送るという日本の伝統的な夏の行事を伝えていこうと、コロナ禍の今年は「…
  • 涼しげでいいですね

     温泉館「海の里 みちしおの湯」では、日高書道クラブ(村田千代会長)の作品が展示されている。9月上旬まで。  会員9人が「念ずれば花ひらく」「夕涼み」「向日葵」などの17点を出展。夏らしくうちわに書いた作品で、…
  • みんなで火の用心頑張ろうな

     御坊市消防本部は12日、つばさ保育園(角亜矢子園長)の園児でつくる幼年消防クラブに、防火の啓発等に使う和太鼓セットを贈った。  一般社団法人自治総合センターの宝くじの社会貢献広報事業で助成を受け、平太鼓と締太…

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る