カテゴリー:フォトニュース

  • そろそろちがいますか

     御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務付けられて14年となる今年は、7月1日現在で85・1%(条例適合率70・2%)。県内の78・9%、全国の82・6%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が…
  • みんなの海岸汚さないで

     県理容生活衛生同業組合日高支部青年部(土井隆成部長)は14日、美浜町和田の煙樹ケ浜で清掃を行った。  毎年9月に行っており、今年で13年目となる。今回は土井部長、日高支部の柴田直樹支部長ら8人が参加。新型コロ…
  • コロナ禍も大盛り上がり

     日高地方の秋の運動会が14日、日高川町の中津小学校を皮切りにスタートした。新型コロナの影響で種目減少、時間短縮の中も、グラウンドには子どもたちの元気な声が響いた。  中津小学校は中津中学校と合同で、船津野球場…
  • 木に興味を持ってもらいたい

     日本生命保険相互会社のグループ会社、ニッセイ緑の財団が11日、御坊市の湯川小学校に「樹木プレート」を寄贈した。  同財団では全国に約200カ所、県内では印南町川又などに「ニッセイの森」を持ち、森づくり活動を行…
  • ナイストゥーミーチュー

     御坊市社会福祉協議会が60歳以上を対象に行っている御坊市民大学「はまぼう学園」で8日、初めて英会話の授業が行われ、1、2年生ら22人が英語の世界を楽しんだ。  学生からの声を受けて、今年度から英会話の授業を実…
  • 非日常の世界をぜひ!

     県立近代美術館、社会福祉法人和歌山県福祉事業団主催の第2回「おでかけ美術館」が10日から、御坊市御坊の「ぎゃらりーなかがわ」(旧中川邸)で始まった。10月25日まで。和歌山市出身、大阪市在住の画家田中秀介さん(34)の…
  • 元通り美しくなりました

     御坊市湯川町下富安の市道沿いにある宮子姫の像がお色直しされ、9日、関係者が集まって美しくなった姿を祝った。  宮子姫の像は約20年前、小松原の花ご坊(旧観光センター)から生誕の地、九海士(くあま)の里の現在地…
  • AIRの聖地に大興奮

     美浜町で5日、同町や御坊市が背景として登場する京都アニメーション制作の人気アニメ「AIR」の聖地巡礼オフ会が開かれ、地元や県外からファン15人が集まった。  主催は「AIR」の聖地巡りをきっかけに、1年間、三…
  • 気軽にご相談ください

     御坊市湯川町小松原の国道42号(小松原交差点)から東の御坊駅前方面へ通じる県道沿いに、内科、糖尿病内科等のながおクリニック(長尾知昭院長)が開院した。現在は新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、発熱など心配な症状が…
  • これからもお元気で

     敬老の日(21日)を前に、日高町の松本秀司町長が4日、町内の90歳以上の高齢者宅を訪問して長寿を祝った。  対象は234人(3日現在)。最初に訪問した萩原の有田さん宅では、96歳の滋さんと91歳の妻子さんが夫…

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る