カテゴリー:フォトニュース

  • おお、けっこう音でかいな…

     日高川町は2日、中津若者広場で動物駆逐用煙火講習会を開き、町内の農家の男性ら約70人が使用方法を実地で学んだ。  近年、サルによる農作物の食害被害が多発していることを受け、町では2013年度からサル追い払い用…
  • Yesterdey once more

     由良町神谷、旧白崎中学校を活用した民俗資料館「ゆらふるさと伝承館」に、懐かしい昭和の茶の間を再現した「昭和の部屋」が登場した=写真=。  子どもたちに当時の暮らしを知ってもらおうと、6畳一間に住民から提供があった…
  • つながり絶やさぬ社会へ

     第74回赤い羽根共同募金運動が1日、全国一斉スタート。運動は来年3月末までの6カ月間。寄付金は子どもや高齢者、障害者らを支援するさまざまな福祉活動や災害時支援に役立てられる。  御坊市では福祉センターで市共同…
  • 傘差して乗ったりせんといてね

     先月21日から始まった秋の全国交通安全運動最終日の30日、自転車のルール順守やマナーアップを図ろうと、御坊署は紀州鉄道紀伊御坊駅北東の市道交差点で街頭指導を行った。  署員と交通安全担当の市職員が「自転車のマ…
  • クエの恵みに感謝

     日高町旅館民宿組合(濱一己組合長)のクエ供養が29日、西山山頂ピクニック緑地のクエ供養碑前で行われ、組合員ら8人がクエの恩恵に感謝の気持ちを捧げた。  濱組合長は「他に真似のできない素晴らしい『食』と『まちづ…
  • バラエティー豊かに

     松洋中学校吹奏楽部の第52回定期演奏会が27日、御坊市民文化会館大ホールで開かれた。  コロナ禍で休校が続き限られた時間の中、23人の部員が練習を重ねてきた成果を披露。昨年夏の高校野球応援歌「宿命」で幕を開け…
  • 由良のミカンも使ってます

     大阪府寝屋川市にある摂南大学は、大学とふるさと協定を結んでいる由良町特産のミカンを使った蒸留酒「さつま芋とみかんピールのお酒『初瀬姫(はつせひめ)』」を販売している。  同大学の課題解決型授業のPBLプロジェ…
  • 来年もまた元気で会いましょう

     美浜町は23、24の両日、町内の90歳以上のお年寄りへの長寿お祝い訪問を行った。  90歳以上(今月15日時点)の対象者は前年度より8人多い186人(男44人、女142人)。今年は新型コロナのため敬老会が中止…
  • 事件には誠実かつ真摯に

     和歌山地方検察庁の新しい検事正に、飯島泰氏(54)が23日付で着任、和歌山市の地検で記者会見し、「県民の皆さまの安全安心をより高めるべく、一つ一つの事件に誠実かつ真摯(しんし)に向き合っていきたい」と抱負を語った。 …
  • 事故に気をつけてね!

     御坊市のオークワロマンシティ御坊店で23日、秋の全国交通安全運動(21~30日)の街頭啓発が行われた。  日高振興局、御坊市の職員と御坊署員が参加し、県の「きいちゃん」、宮子姫の「みーやちゃん」、県警の「きし…

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る