カテゴリー:フォトニュース

  • デザインが変わりました

     日高地方を中心に活動するCAP(子どもへの暴力防止)のグループ、HML(ハッピーママライフ、寺村多喜代表)は、ワークショップに参加した子どもたちへ配るリーフレットのデザインを一新した。  CAPは人権意識を育…
  • めっちゃかっこええやん

     警察業務に関心を持ってもらおうと、御坊署は29日、同署で採用説明会を開き、管内の高校に通う8人が参加した。  2020年度県警第2回警察官A(大学卒業者)と、警察官B(短大や高校卒業者)の各採用試験申し込み受…
  • みーやちゃん、よろしくね!

     御坊市は、宮子姫顕彰会所属のキャラクターで、ゆるキャラグランプリ2020にエントリーしている「みーやちゃん」を盛り上げようと、職員用のポロシャツを作った。  みーやちゃんが、宮子姫やみーやちゃんのPRに向け、…
  • はよ金出さんかい!

     きのくに信用金庫印南支店で27日、抜き打ちの防犯訓練が行われた。  閉店間際に強盗が押し入るという想定。御坊署員が扮する強盗1人が拳銃を手に侵入し、カウンター越しに「金はよ出せ。ある分全部出せよ。はよせーよ」…
  • おうち時間で聞こえた音?

     日高川町高津尾の書道教室、大前書院(大前彩雨さん主宰)の作品展「字遊展」が8月16日まで、日高川交流センターで開かれている。  毎年イベントとして「墨すり体験」を行い、自由に書いた作品を同センターで展示してい…
  • 恩返しの気持ちを込めて

     印南町を拠点とする「さくらサーカス」の旗揚げ公演が23日、宮ノ前の特設テントでスタートし、多くの親子連れらで大盛況となった。  コロンビア出身のアラン・マルチネスさん(42)と埼玉県出身の妻小深田尚恵さん(3…
  • 鮮やかさ よみがえりました!

     日本一の梅の産地みなべの玄関口、JR南部駅で20日、JA紀州女性会が5年前に設置した梅干し種アートの化粧直しが行われた。  「日本一の梅の郷 みなべ町」をテーマに梅干しの種1万3000個を使い、当時の南部高校…
  • 夏はやっぱりこれっしょ?

     御坊市湯川町小松原、JR御坊駅前MARUNI第1ビルに21日、市内で唯一のビアガーデン「駅前屋台村」がオープン。前日の20日はプレオープンで、関係者ら約40人が飲食を楽しんだ。9月30日まで。営業時間は午後5時半から1…
  • ほら、大っきいのとれたよ

     御坊市の森岡田人の会(前出勇代表)の田んぼの生き物調査が19日、塩屋町南塩屋の森岡地区、乙池(通称・三ツ池)下流の用水路で行われ、地区内外の親子約80人が用水路などの生き物に親しんだ。  田んぼや水路にすむ生…
  • 67年前の犠牲者を悼んで

     1953年の「7・18水害」から67年目を迎えた18日、犠牲者の冥福を祈ろうと、御坊市薗の橋本由枝さん(80)や令和薗子供会のメンバーらが天田橋で供養を行った。  橋本さんの夫で水害時、濁流のなか残った天田橋…

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る