カテゴリー:フォトニュース

  • 大きく育ってね

     印南町の切目川漁業協同組合(廣原敏弘代表理事組合長)は9日、切目川でアユの稚魚を放流。清流小学校の児童も協力した。  2、3、4年生41人が学校近くの切目川で放流。組合員から稚魚をバケツに入れてもらったあと、川沿いに一…
  • 友達いっぱいできるかな

     日高地方の各小中学校で8日、入学式が行われ、新1年生が期待と不安を胸に学校生活をスタートさせた。  印南町の印南小学校(平尾潔司校長)では41人が入学。新1年生は在校生に拍手で歓迎されて入場。点呼では担当教諭が1人ずつ…
  • 勉強もクラブも頑張ります!

     日高高校(上田優人校長)は7日に体育館で入学式を行い、普通科158人、総合科学科78人の合計236人が高校生活をスタートした。  上田校長は入学許可のあと式辞。「本校はことしで100周年を迎えますが、皆さんの入場の様子…
  • 競演はいまが見ごろ!

     日高川町平川地内の通称〝地蔵の鼻〟と呼ばれる県道沿いの花壇で、チューリップと桜が満開=写真=。ドライバーらの目を楽しませている。  改良工事で広くなった待避所内に整備した花壇で、地元平川花の会が四季折々の花を育てている…
  • しま模様で鮮やかな

     御坊市明神川地区では、明神川の護岸でシバザクラが七分咲き=写真=となっており、間もなくピークを迎える。 地元河川愛護会(中村靖会長)が植栽して4年目。全体で2000株以上あり、赤と白をメーンに一部紫などの種類も。シバザ…
  • 桜の下で気分は南国?

     桜が見ごろの2日、美浜町和田の御﨑神社の境内で、町社会福祉協議会地域巡回いきいきサロンの花見が行われた。  町内12地区を3カ月かけて一巡、集会所や公民館に高齢者が集まって健康講座、演芸等が行われている介護予防事業。本…
  • 地域福祉のために走れ走れ

     日高地方のマラソン愛好家ら5つのグループでつくる韋駄天会は30日、稲原中学校でチャリティーマラソン大会を開いた。  5クラブは日の岬走遊会、日高走ろう会、川辺とことこクラブ、美山走らん会、印南陸上クラブで、チャリティー…
  • ことしもオープンしたよ

     日高川町田尻、鷲の川渓流アマゴ釣り場が1日にオープン。愛好家や家族連れらでにぎわった。  オープンを待ちわびていたという地元の60代男性は釣り堀に糸を垂らし、次々と25㌢前後のアマゴを釣り上げて笑顔いっぱい。「安全に楽…
  • 怖い? しんどい? 楽しい!

     みなべ町体育協会(尾田真次会長)は29日、平成27年度に開催される紀の国わかやま国体へ機運を盛り上げようと、山岳競技で使用される南部高校内の施設を一般開放して「クライミング体験会」を開いた。小中学生約30人が凹凸のつい…
  • 御坊市60周年ロゴ

     御坊市は1日に迎える市制施行60周年用のロゴマークを決め、各種記念イベントのポスターやチラシなどに添付してPRに活用していく。  花のまち御坊の発展への願いを込めて若手職員がデザインを考えた。ローマ字で書いた御坊の「b…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る