カテゴリー:フォトニュース

  • 花のように清らかな心で

     日高地方農業士会(長岡均会長)と日高地方花き連合会(中野真行会長)が15日、花育活動の一環で日高地方の小学校と支援学校合わせて33校にスターチスとカスミソウの花束をプレゼントした。  名田小学校では贈呈式も行われ、全校…
  • この甘さ、ひとりじめ

     印南町特産の小玉スイカ「ひとりじめ7」は、ビニールハウス栽培の収穫・出荷がスタートした。  スイカ栽培を始めて30年以上という山口の久保宏之さん(81)の倉庫では、出荷に向けた箱詰め作業に大忙し=写真=。大きさを分類し…
  • 手を切らないよに気をつけて

     御坊市少年少女発明クラブの木工教室が10日から日高町荊木の中紀地域職業訓練センターでスタートし、市内小学4、5、6年生合わせて34人が参加した。  教室は6、7月分を含め全3回。4年生はミニチュアいす(花台)、5年生は…
  • みんなマナーを守りましょう

     田辺署はみなべ町芝地内のJR南部駅前で、マナー向上を目指した「きのくにさわやかマナーアップキャンペーン」を実施。駅の利用者らを対象に街頭啓発を行った。  署員をはじめ青少年センター、JRの職員ら総勢約30人が参加。南部…
  • いま助けにいくぞ~!

     6月3日の県消防救助技術大会へ向け、日高広域消防は8日に署内選考会を開き、3種目に7人と1組が県大会出場を決めた。  出場したのは、ロープブリッジ渡過に6人、はしご登はんに3人、2人1組のほふく救出に1組。選手たちは仕…
  • 筒先は2人でしっかり

     みなべ町消防団(竹田和久団長)の新入団員研修が行われ、14人が放水の仕方などを勉強した。  講師の日高広域消防南部出張所の隊員から心肺蘇生法やAEDの取り扱い、「右向け右」など訓練礼式の指導を受けた。火災現場で実践する…
  • お釈迦様の生誕を祝って

     由良町門前の臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で5日、お釈迦さまの生誕を祝う恒例の「花まつり」が行われ、親子連れらでにぎわった。  あいにくの雨模様のなか稚児行列がスタート。白い象を乗せた山車(だんじり)に地元の子ども…
  • 村の爺婆のコロッケいかが

     田辺市龍神村、地域活性化に取り組む有志の「村の爺婆の会」(辻達行代表)が昨年10月に柳瀬でオープンした産品直売所が、地元だけでなく県外の観光客からも人気を呼んでいる。特に好評なのは村内特産のサトイモを使ったご当地料理で…
  • 自転車は車の仲間です!

     美浜町の和田小学校(寒川正美校長)で町交通指導員会による交通安全教室が開かれ、1~3年生は交差点の渡り方など、4~6年生は自転車の整備点検、正しい乗り方などについて説明を受けた。  この日は雨のため、グラウンドで予定し…
  • 母の日にはお墓参りを

     5月11日の母の日へ向け、JA紀州青年部名田支部メンバーらでつくるフラワーボーイズは去る21日、大阪市中央区の大阪東郵便局でスターチスを配布し、母の日参りをアピールした。  これまでの活動を知った郵便局側から依頼があり…

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る