カテゴリー:フォトニュース

  • おいしい梅干しできるかな

     地元の産業に触れようと、南部幼稚園(小林惠子園長)の年長児25人は23日から同園で梅干しづくりを始めた。  職員が用意した青梅32㌔を使用。この日は塩漬け作業を行い、16㌔ずつに分けて2つのたるに入れた。塩の量も自分た…
  • チョーきもちいい

     みなべ町内の各小学校で水泳授業が始まり、上南部小学校でも23日にプール開き。梅雨の晴れ間に水しぶきが上がった。  2時間目に1年生33人と3年生37人が初泳ぎ。子どもたちは準備体操を済ませたあとゆっくりと水に入り、「わ…
  • こいつは梅酒にしようかな

     みなべ町東本庄のうめ21研究センターで20日、初めて梅の収穫体験が行われた。  同センターの運営協議会が決めた施設を有効活用する取り組みで、試験園として使用してきた梅畑を体験園に活用している。  この日はJA紀州のもぎ…
  • 水の汚れを調べましょう

     日高高校附属中学校で19日、環境学習が行われ1年生80人が水の汚れについて学んだ。  講師は環境教育インストラクターの川口朋久さん(40)=日高川町和佐=。COD(化学的酸素要求量)を使ったパックテストの使い方を説明し…
  • 夏告げるネムノキ

     みなべ町谷口地内の梅畑近くで夏に開花するネムノキ(マメ科)がきれいなピンクの花を咲かせ、人目を引いている。  木は高さ5㍍程度で、重なり合った葉の上に色鮮やかな花を付けている。夏本番を迎える頃から開花し、季節を感じさせ…
  • 8月の交流舞台へはんばろう!

     日高川町のダンスグループ、あすなろ倶楽部絆の星と大阪狭山市の表現倶楽部うどぃによる交流舞台「絆の星~鼓動響く清流の地より~」(8月23日、日高川町の日高川交流センター)に向けた出演者の顔合わせ会が15日、日高川交流セン…
  • 新マスコット「きぃぽん」

     JA紀州(久保秀夫組合長)の新しいマスコットキャラクターの名前が、「きぃぽん」=写真=に決まった。  同JA管内の住民を対象に4月から5月にかけて募集。335点の応募があり、くらしの活動課が中心となって数点を選考し、役…
  • ボール落としたらあかんで!

     御坊市母子寡婦福祉連合会(土屋知代会長)のスポーツ大会が15日に福祉センターで開かれ、会員47人が参加した。  土屋会長は「きょう一日みんなで楽しく遊びましょう」とあいさつ。ラジオ体操のあと、カーリングのフロア版「フロ…
  • シーソーゲーム、本校に軍配

     来月11日に県営紀三井寺球場で開幕する第96回全国高校野球選手権和歌山大会を前に、日高兄弟校による恒例の定期対抗戦が14日、御坊市島の日高本校グラウンドで行われた。ことしは学校創立100周年の記念事業の一環として熱戦が…
  • 花の日に感謝を込めて

     キリスト教の花の日(6月第2日曜日)にちなみ、みなべ町埴田、愛之園保育園(神谷羊子園長)の年長児15人は、町内の事業所など5カ所を回って感謝の花束をプレゼントした。  日頃お世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝えよ…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る