カテゴリー:フォトニュース

  • 花びらにしっかり焦点を当てて・・・

     御坊市塩屋町北塩屋の中山のハス池の舞妃蓮を対象にした地元広報委員会のフォトコンテストが29日にスタートし、初日から多くのアマチュアカメラマンでにぎわった。  撮影会の開会では同委員会を代表して平井俊哉さんが「観光バスで…
  • 夏休みまで待てない!

     印南町西ノ地にある町民プール「遊水館」が29日、オープン。初日は子どもら120人が初泳ぎを楽しんだ。  この日はまぶしい太陽の光が降り注ぐ絶好のプール日和。子どもたちはしっかり体操で体をほぐしたあと、うれしそうにプール…
  • 正しく乗ってる?

     御坊中学校(土井淳司校長)は27日、グラウンドで交通安全教室を開き、全校生徒188人が自転車の走行の仕方で学んだ。  講師は御坊署員。最初に「自転車は原則として車道の左側を走る。乗るときや障害物を避けるときは右後ろを確…
  • 紀州うめミックス発売

     カゴメ㈱が全国で発売している野菜と果物をミックスした人気のジュース「野菜生活100」の季節限定シリーズに、7月から新商品として「紀州うめミックス」が発売される。高品質の梅で知られる南高梅を使っており、夏にぴったりの爽や…
  • 毎日ガンバッテマース!

     みなべ町晩稲、梅加工業「紀州ほそ川」で、外国人らがワーキング・ホリデーを活用して梅の収穫作業を行っている。  ワーキング・ホリデーは、外国人が訪問先の国で滞在期間中に一定の就労ができる制度。訪れているのはドイツのローマ…
  • 早く梅ジュース飲みたいな

     みなべ町晩稲、白梅幼稚園(和田教学園長)で25日、3~5歳児24人が梅ジュースづくりに取り組んだ。  材料の梅は園で用意し、冷凍にした南高梅9㌔を使った。園児たちはマスクを着けて作業を行い、果実の表面に付いた霜をキッチ…
  • おいしい梅干しできるかな

     地元の産業に触れようと、南部幼稚園(小林惠子園長)の年長児25人は23日から同園で梅干しづくりを始めた。  職員が用意した青梅32㌔を使用。この日は塩漬け作業を行い、16㌔ずつに分けて2つのたるに入れた。塩の量も自分た…
  • チョーきもちいい

     みなべ町内の各小学校で水泳授業が始まり、上南部小学校でも23日にプール開き。梅雨の晴れ間に水しぶきが上がった。  2時間目に1年生33人と3年生37人が初泳ぎ。子どもたちは準備体操を済ませたあとゆっくりと水に入り、「わ…
  • こいつは梅酒にしようかな

     みなべ町東本庄のうめ21研究センターで20日、初めて梅の収穫体験が行われた。  同センターの運営協議会が決めた施設を有効活用する取り組みで、試験園として使用してきた梅畑を体験園に活用している。  この日はJA紀州のもぎ…
  • 水の汚れを調べましょう

     日高高校附属中学校で19日、環境学習が行われ1年生80人が水の汚れについて学んだ。  講師は環境教育インストラクターの川口朋久さん(40)=日高川町和佐=。COD(化学的酸素要求量)を使ったパックテストの使い方を説明し…

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る