カテゴリー:フォトニュース

  • ホシが残した情報を見落とすな!

     警察官A、B採用試験の申し込みが今月1日からスタートしたことを受け、御坊署は12日、採用試験セミナーを開き、高校生ら6人が鑑識などを体験した。  警察官を身近に感じてもらい、多くの人材に受験してもらおうと開いた。和歌山…
  • 太陽が戻ってきた!

     台風一過で朝から青空が広がった11日、保育園や小学校ではプールが行われ、夏の太陽の下、子どもたちの元気な声が響いた。  美浜町のひまわりこども園は庭に簡易プールをしつらえ、4歳児が盆踊りの練習を兼ねて準備運動を行ったあ…
  • 軽くて丈夫、持ち運びもラクラク

     みなべ里山活用研究会(石上進会長)は、地元の竹を活用したテントづくりに取り組んでいる。試験的に1張り製作し、町内団体の物産販売などで活用。石上会長は「自然の味わいがあっていい。強度もあるし、軽くて持ち運びが便利」と話し…
  • こんなでっかいの初めて見た

     御坊市島のつばさ保育園(前田真理子園長)にジャンボスイカが届けられ、園児たちを喜ばせている。  松原通りにある「フルーツショップ野田」から譲ってもらったスイカ。直径50㌢、重さ16.2㌔で、品種は大玉スイカの「祭ばやし…
  • 成績上がりますように

     一般社団法人、御坊青年会議所の第38回七夕まつりは7日、御坊市の小竹八幡神社で開かれ、多くの家族連れらでにぎわった。  境内には、笹飾り1500本が集まり、七夕ムード満点。短冊には「健康で笑顔で過ごせますように」「幸せ…
  • 国体の会場を花で美しく

     平成27年に県内で開催される紀の国わかやま国体と紀の国わかやま大会(全国障害者スポーツ大会)に向けて、日高川町の小中学校では、競技会場に飾る花を育てる取り組みが行われている。  国体「花のリレー」と名付けられた取り組み…
  • ヘンなヒマワリ

     ◉...梅雨とはいえ、日高地方はあまり雨が降らず、美浜町では町の花のヒマワリがあちこちでグングン成長しているなか、こちらのお宅のヒワマリはちょっとヘン?  ◉...1本の軸から咲いた黄色の花は普通のヒマワリだが、よく見…
  • 特急くろしおはやーい

     御坊市のわかば保育園(三原八重園長)の4、5歳児30人は3日、JR西日本の「旅育」事業で電車体験を行った。  JR西日本が小学生や幼児を対象に実施している課外学習事業。園児たちは専用の切符にスタンプを押してもらい、御坊…
  • 天の川はみえるかな

     美浜町地域福祉センターで1日、認知症予防サークルの高齢者とひまわりこども園園児との交流会が開かれ、七夕の笹飾り作りを行った。  認知症予防サークルは、地域包括支援センターの事業として平成21年度から始まった認知症予防教…
  • 日本のサッカー強くなれ!

     みなべ町東本庄、ふれ愛センター(保健福祉センター)のロビーに一足早く七夕飾りが登場。願いを込めた短冊がつるされている。  約4㍍の竹を玄関入り口近くのロビーに設置。同センターはお年寄りの利用が多く、「家族が仲良くできま…

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る