カテゴリー:フォトニュース

  • 正月準備に大忙し

     印南町山口の山口八幡神社(岡田朝臣宮司)で13日、正月用のしめ縄作りが行われた。  鳥居など境内の各所に取り付ける長さ約4㍍のしめ縄。総代ら14人が参加し、1本1本力を込めながら丁寧にわらを編んでいった。同神社では正月…
  • 運動会で思い出づくり

     日高川町少年野球連絡協議会(柏木雅利会長)の送別運動会は小熊広場で開かれた。  町内5チームのナイン約80人が参加。20人の6年生にとって最後のイベントで、ベースランニングリレーやボール中継競争、お菓子食い競走、紅白試…
  • 強盗対策は万全ですか

     年末特別警戒の一環で、御坊署が連日、管内金融機関のパトロールを展開している。師走は金融機関を狙った強盗事件が全国的に多発する時期で、署員は店内を巡回して防犯カメラの位置や非常通報装置が正常かをチェック。職員の防犯態勢も…
  • 煙樹ヶ浜を美しく!

     御坊市の朝日生命保険相互会社和歌山支社御坊営業所(馬場添享所長)は10日、美浜町の煙樹ケ浜で清掃ボランティアを行った。  地域貢献活動の一環で、美しい海を守ろうと毎年行っている。馬場添所長や従業員の女性ら15人が参加し…
  • 大丈夫か、しっかりしろ!

     日高広域消防の消防長視閲訓練が8日から始まり、9日には中津出張所で行われ、隊員が火災消火や救助技術を披露した。  建物火災を想定した訓練では、関係者からの聞き取りで2階に逃げ遅れた男性がいることが判明。隊員ははしごで2…
  • 明るい新年を願って

     日高町萩原、日高農産物組合(金﨑昭仁組合長)が運営する産品販売所「黒竹の里 ぴかいち」では、原谷特産の黒竹で製作したひつじの置物=写真=を販売中。  来年のえと、未(ひつじ)にちなんで企画し、同組合民芸部が作業に当たっ…
  • ことしはアナ雪っぽく?

     クリスマスを前に街やショッピングセンターでは華やかなイルミネーションが目につくなか、ことしも美浜町和田(本ノ脇)の安東八重子さん宅のイエナリエ(民家の電飾)が点灯=写真=。連日、多くの家族連れやカップルが見に訪れている…
  • 思いやりの心を持って

     4日からスタートした人権週間をPRしようと、田辺人権擁護委員協議会(大前浩一会長)は5日、みなべ町のスーパー前で街頭啓発を行った。  大前会長らみなべ町の人権擁護委員と法務局田辺支局職員、町職員が参加し、オークワとAコ…
  • キャー、あっち向いて~!?

     由良町吹井の福祉施設、ゆら博愛園(小林弘典施設長)で3日、開園12周年記念行事が行われ、施設利用者や地域住民ら約100人が花柳汐香音社中の日本舞踊、職員のフラダンスや歌のステージ、施設利用者のカラオケ、餅まきなどを楽し…
  • 世界で苦しむ人たちのために

     災害や紛争、飢餓、病気などで苦しむ世界の人々を支援する日本赤十字社の「海外たすけあい」は1日から始まり、御坊市赤十字奉仕団(谷本喜美代会長)は市内4カ所で募金活動を行った。  日本赤十字社がNHKと共同で実施している募…

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る