カテゴリー:フォトニュース

  • 鮮やかなオレンジ色

     夏に咲くオニユリ(ユリ科)がみなべ町西本庄の道路沿いで開花し、鮮やかなオレンジ色の花が人目を引いている。  周囲の雑草の中から高さ1㍍ほどの茎が伸び、花を咲かせている。花は黒い斑点が入ったオレンジ色。数十本生えている。…
  • 暑い夏はこれで乗り切れ!

     29日の「土用の丑」に向け、御坊市内のうなぎ専門店川常(湯峯常弘代表)では、連日注文が殺到し大忙し。周辺には、かば焼きのおいしそうな香りが漂っている。  同店では九州を中心に仕入れたウナギを、備長炭と特製のタレで丁寧に…
  • さあ、風を受けて出発だ!

     21日の「海の日」にちなんだキイペニンシュラヨットクラブ(山田道夫会長)の親子体験クルージングが20日に御坊市塩屋町北塩屋、日高港北浜埠頭で行われ、親子連れら30人が参加した。  会員所有のヨットで出航。この日は好天に…
  • あ~もう、つかまえられないよ~

     南部川漁業協同組合(永井誠組合長)と県内水面漁業協同組合連合会は22日、みなべ町西本庄地内の河川敷で水生生物を学ぶ「南部川体験学習会」を開催。町内の小学生約150人がアユのつかみ捕りなどで自然の生き物に触れた。子どもた…
  • 日高町で国体リハ

     紀の国わかやま国体ホッケー競技リハーサル大会の2014年度全日本社会人ホッケー選手権大会が19日、日高町のマツゲンスポーツグラウンドと紀美野町総合グラウンドで開幕した。  男子26チーム、女子14チームが参加し、23日…
  • トライアンズ応援しています!

     御坊市薗、御坊南海バス㈱(那須敏明取締役社長)が、17日から路線バスにプロバスケットボールNBLの「和歌山トライアンズ」を応援する特大のラッピング広告を掲載した。  バスの車体の左右と後部にあり、チームカラーの「黄朱(…
  • 御坊の花木 ハマボウです!

    ◎...御坊市塩屋町北塩屋の国道42号沿いで、数日前から市の花木のハマボウが大輪の花を咲かせ=写真=、ドライバーらの目を楽しませている。  ◎...直径約10㌢のさわやかな黄色い花で、まるで梅雨のうっとうしさを吹き飛ばし…
  • 交通事故に気をつけましょう!

     夏のわかやま交通安全運動中の15日、県警音楽隊が御坊市のオークワロマンシティで「交通安全日高路コンサート」を開き、軽快なリズムに乗せて安全運転を呼びかけた。  正面玄関前で行い、行進曲『マンハッタンビーチ』や『プリキュ…
  • みなべの梅ジュースも大好きです

     南部ライオンズクラブの交換留学制度でインドネシアから大学生のミッシェル・タノウィジャヤさん(20)が来日し、14日にみなべ町の小谷芳正町長を表敬訪問した。  「日本食や日本文化などに興味があった」と、今月9日に日本を訪…
  • ショドー むずかしいデス

     紀南地方にホームステイ中の外国人高校生4人が13日、みなべ町芝の書道家、赤木昭子さん(72)宅を訪問し、日本文化の書を体験した。  訪れたのは高校生交換留学制度のYFUで来日している、オーストリアのゾブル・マリアさん(…

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る