カテゴリー:フォトニュース

  • 温泉のミステリーサークル!?

     田辺市龍神村中山路地区の寄合会は、6月から同村安井地内の水田に稲穂の色の違いで模様をデザインする「田んぼアート」に取り組んできたが、収穫期を迎えて2色の稲穂によって温泉マーク「♨」がくっきり浮かびあがった…
  • ビュレットっていうんだ

     日高高校附属中学校(上田優人校長)の1年生80人は2日、スーパーサイエンスハイスクール事業の一環で和歌山大学の教授から化学の授業を受けた。  教育学部理科教育の木村憲喜教授。テーマは塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えて…
  • セイ! セイ!

     近畿大学工学部(広島)の空手部は、2日からみなべ町清川、本誓寺(赤松宗典住職)の多目的施設「ふるさと道場」で夏合宿を行っている。6日まで。  14年前、赤松住職と同部の松元和昭監督が和歌山市内で開かれた空手のイベントで…
  • テンション上がってる!?

     日高地方の秋祭りのトップ(10月1日宵宮、2日本祭り)を飾る山口、印南両八幡神社祭礼「印南祭」へ向け、氏子各組でならし(練習)が始まり、印南や名田地区では心地よい太鼓や笛の音が鳴り響いている。  早い地区では8月下旬か…
  • もうこの季節になりました

     残暑が続くがみなべ町では早くも稲刈りが始まり、秋の風物詩のなる掛けがみられる。  埴田の藤川満夫さん(62)も1日、南部平野内にある田んぼで稲刈りを行った。5月に植えたコシヒカリがすくすくと育ち、収穫時期を迎え、家族と…
  • センターはきぃぽんだよ

     JA紀州(久保秀夫組合長)の新しいマスコットキャラクターきぃぽんの着ぐるみが29日完成し、関係者にお披露目された。きちゅうくん(旧紀州中央)、グーリーちゃん(旧グリーン日高)のゆるキャラ3体で「KKG3」を結成したこと…
  • 子どもの目線、視野で考えよう

     みなべ町地域子育て支援センターこひつじランドの第5回育児講座が29日に保健福祉センターで開かれ、子どもに多い事故の予防について勉強した。  田辺保健所の池田仁美保健師が講師を務め、乳幼児に起こりやすい事故の事例としてう…
  • フワフワ浮かんで気持ちいいよ

     南部保育所(庄司光代所長)は25日にライフジャケット着用講習会を開き、3~5歳児35人が着用して水に浮かぶ体験を行った。  田辺海上保安部の職員4人が講師。今回は津波などの災害時にスムーズに着用できるように訓練し、同園…
  • あ、これめっちゃおいしそう

     体験を通して農業への理解を深めてもらうJA紀州(久保秀夫組合長)の「ちゃぐりんフェスタ」が27日、印南町印南原のサンシャイン牧場で開かれ、みなべいなみ管内の親子ら55人がブドウ狩りなどを楽しんだ。  おかあさんやおばあ…
  • 日本美術院展で入選

     再興第99回日本美術院展で、日高町小坂、日本画家で日本美術院院友の鈴木薫さん(64)の作品「閉店前」が見事入選した。鈴木さんの入選は春秋の院展で9回連続9回目。  作品は130号(162×194㌢)の大きさで、大阪市内…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る