カテゴリー:フォトニュース

  • おいしそうなのあるかしら

     日高町の産湯海水浴場駐車場で18日、軽トラ市が開かれ、買い物客らでにぎわった。  地元の団体を中心に新鮮野菜や干物などを販売する15台の軽トラが出店。開始前から多くの買い物客が集まり、各軽トラを回って品定め。スタートの…
  • 知らない人にはついていかない

     御坊市のつばさ保育園(園児122人)で20日、防犯教室が開かれ、人形劇で不審者から逃げる方法を学んだ。  御坊広域青少年補導センターと補導委員が手作りの人形とナレーションで分かりやすく指導した。下校途中の女子児童2人が…
  • どんど焼きで無病息災

     印南町印南原の大歳神社(平野聖翔宮司)で15日、古い神札やしめ縄飾りなどを焼く恒例の古神札焼納式(どんど焼き)が行われ、氏子ら20人が参列した。  あいにくの雨模様だったが、平野宮司の祝詞奏上(のりとそうじょう)が終わ…
  • ファイト~ いっぱ~つ

     御坊署は16日、大規模災害警備訓練を行い、同庁舎で初の降下訓練を行った。  県南方沖を震源とした大地震が発生し、津波が襲来、大規模な被害が発生と想定。非常参集や図上訓練などを行い、その一環として実施。高さ16㍍の屋上か…
  • 被告人は深く反省しています

     御坊市の名田中学校(木村栄一校長)の3年生22人は14日、和歌山地方検察庁の検事らを講師に招き模擬裁判を体験した。  事件は、女性が自宅で介護していた認知症の高齢の母を首を絞めて殺害。生徒たちは裁判長、検事、弁護人、裁…
  • 三味の音色で新年を寿ぐ

     日高川町の林三味線教室(代表・林昭世日本民謡協会教授)は12日にみなべ町埴田の国民宿舎紀州路みなべで「新春民謡・三味線おさらい会」を開き、県内から集まった教室生ら約30人が練習の成果を披露した。  教室生はきれいな着物…
  • 天狗の神通力にあやかろう

     由良町門前の臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で12日、成人の日恒例の天狗まつりが行われ、厳しい冷え込みの中も町内外から多くの参拝者やアマチュアカメラマンらが訪れた。  特設舞台では、火事に見舞われた寺のお堂を一夜にし…
  • なんとかわいいおひな様

     美浜町社会福祉協議会の高齢者閉じこもり予防事業、地域巡回いきいきサロンは9日、和田本ノ脇地区でことし最初の集いがあり、地域のお年寄り15人が町内のボランティアグループ、みつや会(井本秀之会長)による演芸などを楽しんだ。…
  • えべっさん、お願いします

     商売繁盛や家内安全などを祈願するえびす祭がみなべ町でも9日から始まり、西本庄の須賀神社(楠本誠二宮司)、埴田の鹿島神社(堅田省三宮司)は参拝者でにぎわいを見せている。   須賀神社では、21人の福娘らが飾り付けた縁起物…
  • ことしも笹持ってきてや~!

     十日えびすを前に印南町山口の山口八幡神社で8日、縁起物の福笹作りが行われた。  ヒメササ500本を用意し、総代14人がタイや小判、恵比寿などを一つ一つ丁寧に取り付けていった。金額は2000円からで、9日の宵えびす、10…

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る