カテゴリー:フォトニュース

  • 竹を割ってはしを作ろう

     日高川町の友好都市、泉大津市の子どもたち30人が同町を訪れ、農村・田舎体験を楽しんだ。  一泊二日の日程で、町内9軒の家庭に分かれて民泊。各家庭で野菜の収穫など農作業を手伝ったり、郷土料理を味わうなど田舎の暮らしを経験…
  • みんなの思いが満開です

     御坊市湯川町財部、オークワロマンシティ御坊店(小林裕史店長)では、「頑張っている人を応援」をテーマに来店者が書いたメッセージカードを花びらに見立てたサクラ=写真=が登場し、話題となっている。  場所は1階タカラブネ前。…
  • 小学校でも頑張ってね

     由良町畑のゆらこども園(中井由起夫園長)で26日、保育証書授与式が行われた。  昨年4月に町内3保育所が統合して開園後、初の卒園式。中井園長は第1号の片山咲さんから一人一人順番に卒園児46人全員に保育証書を手渡し=写真…
  • 江戸神楽の流れくむ4人立ちの獅子

     第9回県民俗芸能祭は22日、田辺市の紀南文化会館で開かれ、日高川町の寒川祭保存会が獅子舞を披露した。  芸能祭は、県と県文化振興財団の主催で県内各地で伝承されてきた民俗芸能を舞台でお披露目する催し。寒川祭は第2回大会以…
  • 身を削り楽しませてくれました

     茶道表千家同門会和歌山県支部、御坊松蔭会(塩崎順子会長)の茶筌(ちゃせん)供養祭は22日、由良町門前の興国寺で行われた。  本堂で法要が行われ、約150人が列席。島本安弘副支部長、塩崎会長のあいさつのあと献菓・献茶を行…
  • 「美女と野獣」の音楽劇

     日高高校・附属中合唱部(村上晴香顧問)の第39回定期演奏会は22日、御坊市民文化会館大ホールで開かれた。  舞台は4部構成で、目玉は第3ステージのミュージカル「美女と野獣」。魔法で野獣に変えられた王子が、心も姿も美しい…
  • これからも学び続けて

     みなべ町の南部長寿大学の卒業式と修了式が19日に南部公民館で行われ、山本賢学長が14人に卒業証書を手渡した。  山本学長は式辞で、作詞家・秋元康さんの言葉「壁にぶつかったときは立ち止まって見上げても何の解決にもならない…
  • ワンちゃんが病気にならないようにね

     4月から集団予防接種が始まるのを前に、日高狂犬病予防等普及会は15日、御坊市のオークワロマンシティ御坊店で街頭啓発を行った。  同会の構成メンバーである御坊保健所や管内の各市町職員のほか、日本愛玩動物協会県支部の山畑如…
  • 大切に使わせていただきます

     日高川町船津、社会福祉法人敬愛会(赤松義之理事長)のホームヘルプ白寿は、財団法人日本財団からの助成などで訪問支援車両1台を導入した。  車両はホンダ製の「Nワゴン」。価格は約64万円で、このうち助成で45万円を充てた。…
  • 野菜食べて特典もらおう

     JA紀州が運営する日高町の農産物直売所「さわやか日高」(Aコープひだか南隣)に出品する生産者でつくるエコファーマー部会(小川明男部会長、27人)は4月から、エコファーマーや安全安心の農産物について広く知ってもらおうと、…

フォトニュース

  1. 味も高級感もアップしました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る