カテゴリー:フォトニュース

  • 余ったお花で作ってます

     新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花の消費拡大を図るため、農林水産省が家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を推進するなか、JA紀州(芝光洋組合長)も、イベントの中止により使われなくなった…
  • 今年も抜群の味わい

     由良町里のJA紀州ゆら柑橘撰果場で、ブランドハッサク「木成りはっさく」の出荷作業がピークを迎えている。  同撰果場の山本俊希運営委員長(53)によると、今年はおととしの台風の影響で木が弱り、花の数が少なく、出…
  • やりがいのある仕事です

     県警は、2020年度第1回警察官A(大卒程度)採用試験の受け付けを開始した。4月10日まで。  試験区分と採用予定人員は男性一般が17人程度、女性一般が5人程度、男性武道(柔道)1人程度。受験資格は1988年…
  • おおきによ

     美浜町三尾の村尾千代子さんが7日に102歳の誕生日を迎え、6日には籔内美和子町長がお祝いに駆けつけた。  籔内町長は地域福祉センターでデイサービス中の村尾さんを訪ね、「おめでとうございます」と花束と記念品をプ…
  • 力合わせて頑張りま~す!

     美浜町のNPO法人日ノ岬・アメリカ村(小薮清信理事長)は、地域の歴史を保存、継承するミュージアムが地域とともに活性化するための、京都外国語大学国際貢献学部グローバル観光学科の河上幸子准教授、和歌山大学観光学部の東悦子教…
  • 楽しく健康寿命伸ばそう

     「ボウリングで健康寿命を伸ばそう」を合言葉に、新たな競技サークル「白馬倶楽部」(曽根啓夫代表)が発足。先月29日に活動拠点となる御坊市薗の日高東宝ボウルで第1回の大会を開き、8人が和気あいあいとスコアを競い合った。 …
  • コーヒーと一緒に楽しみませんか

     御坊市薗、画廊喫茶「さぼーる」で14日まで、洋画白玄会会員、出口由孝さん(68)=御坊市野口=の小品展が開かれている。  出口さんは中学校教諭として38年間務める傍ら筆をとり、和歌山県展、奈良県展で知事賞、日…
  • よみがえる永遠の青春スター

     日高川町中津川のカフェ「Sound・cafe NEIRO」で1日、スプレーで塗料を吹き付けて絵などを描くエアブラシアートのパフォーマンスが行われた。  パフォーマンスを披露したのは、田辺市龍神村小家のエアブラ…
  • 気仙沼の皆さんに届けてください

     みなべ町の岩代小学校(寺本明彦校長)は26日、全国児童53人で作った梅干しを東日本大震災の被災者に届けようと、4月に宮城県気仙沼市を訪れる紀州梅の郷救助隊の尾﨑剛通隊長に託した。  2013年から毎年続けてお…
  • めっちゃ甘いですやん

     関西テレビの生活情報番組「よ~いドン!」のロケが27日、印南町内で行われ、リポーターのお笑いタレント石田靖さん(吉本興業所属)が、同町特産のキヌサヤエンドウの収穫や料理を試食する様子が収録された。  「産地の…

フォトニュース

  1. ありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る