カテゴリー:フォトニュース

  • 薬なんかいらんわ!

     御坊市の御坊中学校(岩國隆宏校長)で11日、県薬物乱用防止指導員協議会や大阪税関和歌山税関支署などの「No! DRUGフェスティバル」が行われ、生徒や保護者ら170人が薬物の危険性を学んだ。  薬物の断り方実演で…
  • クリスマスまで点灯します

     御坊市名屋町の名屋公園に建つ津波避難タワーでイルミネーションが始まり、周辺を照らす大きな光の世界が住民らを楽しませている。  昨年末に続いての点灯で、今年は地域の声を受け、タワーを建設した株式会社駒場工務店(…
  • ながらはアカンよ

     御坊市の国道42号体育館交差点で6日、わかやま冬の交通安全運動(1~10日)の自転車街頭指導が行われた。  夕暮れが早くなる時期に合わせ、御坊署員や市交通指導員会、御坊地区地域交通安全活動推進委員協議会のメン…
  • これであったかいね

     美浜町吉原の松てるわ広場で8日、松の木にわらを巻きつける「こも巻き」が行われた。  広場を管理する一般社団法人煙樹の杜(西垣哲雄理事長)のスタッフ、親子連れなど10人が参加。元植木職人の松本裕さん(77)=吉…
  • ご協力お願いしま~す

     御坊市赤十字奉仕団(中川淳子委員長)は7日、市内4カ所でNHK海外たすけあいキャンペーンの街頭募金を行った。  メンバー約30人がオークワロマンシティ御坊店、マツゲン御坊店、グルメシティ御坊店、JR御坊駅前に…
  • 日高の魅力が満載

     日高広域観光振興協議会(金﨑昭仁会長)が、日高地方の特産品や観光を紹介するパンフレット「ひだかさんぽ2~えぇやん、ひだか~」を作製した。  表紙は白崎海洋公園の星空、裏表紙は日高川。協議会が独自に推奨する高い…
  • このキラキラ 年季がちがいます

     美浜町和田、本ノ脇の安東八重子さん(86)宅で、今年も恒例のイルミネーションがスタートした。  23年目になる今年は、大きなリース型のアーチが新たに登場し、庭の木や建物の屋根がカラフルに輝き、ミニオンや「アナ…
  • この木は山の守り神だよ

     薪炭林や紀州備長炭が「みなべ・田辺の梅システム」の世界農業遺産認定に重要な役割を果たしたことを知ってもらおうと、ウバメガシの植樹会が1日、高城地区の百年の森で開かれ、10組33人の親子が体験した。  清川地内…
  • イルミツリーが登場

     美浜町和田、ひまわりこども園の西約100㍍の和田東地区子ども広場に1日、高さ13・5㍍のイルミネーションツリーが登場した。  ゴールドのLED電球を約4000個使用。アンパンマンやピカチュウ、ミッキーマウスな…
  • 未来は明るい年にネ!

     「おたきさん」の愛称で知られる印南町印南原の瀧法寺に27日、来年のえとの「子」にちなんだ特大絵馬が奉納された。  洋画白玄会に入会している地元の火和(ひわ)正敏さん(70)が、昨年に続き寄贈。縦、横とも1㍍で…

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る