カテゴリー:ショッピング

  • 熊平の梅・井上梅干食品㈱ 熊平の梅まつり開催

     熊平の梅・井上梅干食品㈱は16日㈯、直売店「熊平の梅 千里店」で「第9回熊平の梅まつり」を開催します。午前10時から午後2時まで。  当日は売店に隣接する梅園でさまざまなイベントを行います。スタッフ手づくりの…
  • 株式会社 鈴梅 梅香る甘くない梅酒

     株式会社 鈴梅で販売している梅酒をご紹介。  梅酒といえば、ほどよい甘さで女性に人気のリキュールです。同社の梅酒は砂糖ではなく、はちみつを使用しているため、少しの甘さとフレッシュな梅の香りが楽しめる味わいに仕…
  • cotton(コットン) 27日まで 冬物70%OFF

     cottonは27日㈬まで、「冬物セール」を開催しています。  店内の冬物アイテムをなんと70%OFFで大奉仕! オススメは、コートやジャケットなどのアウターや裏起毛のパンツです。  人気のニットワ…
  • コージーホーム(城善建設株式会社) 人と人が繋がる土間のあるお家

     コージーホーム(城善建設株式会社)は16日㈯と17日㈰、御坊市薗でオープンハウスを開催します。午前10時から午後5時まで。  今回のお家は、人と人が繋がる土間のあるお家。暮らしやすさはもちろんのこと、さまざま…
  • ㈱ライトスタッフ 見学会&商談会

     ㈱ライトスタッフでは16日㈯と17日㈰、日高川町土生にある土生分譲地で「高品質建売住宅見学会&商談会」を開催します。午前10時から午後4時まで。  今回のモデルハウスは、メンテナンス費に差が出るガルバサイディ…
  • モリシタ 店じまい大バーゲン

     大人の装い・レディスファッション モリシタでは15日㈮から、「店じまい大バーゲン」を開催します。  店内の全商品を60~70%OFFでご提供。まだまだ活躍するアイテムをお買い得価格でゲットできるチャンスです。…
  • 菓匠 錦花堂 贈り物にオススメの商品

     菓匠 錦花堂に、生チョコがことしも登場! 同店の生チョコは、作り始めて何年にもなりますが、毎年大好評。この商品を目当てに来店される人も多いそうです。ダークチョコとミルクチョコの2種類のチョコを使用していて、口どけがよい…
  • Cafe&Rest オリオン 新メニュー! トルコライス

     Cafe&Restオリオンでは、新メニューが登場しています。  数種類の洋食メニューを一皿に盛り付けたトルコライス。ドライカレー、デミグラスソースがかかったトンカツ、スパゲティ、サラダなどの魅力的なメニューを…
  • HAIR SALoN THE NAKED ツヤを生み出すヘアスプレー

     HAIR SALoN THE NAKEDから、オススメ商品をご紹介。  「デューサーヴェール1」(スタイリング剤)は、細やかな粒子が、ふわりと髪に広がり、しなやかでまとまりのあるスタイルを表現するツヤだしスプ…
  • ワインショップ カタヤマ 和歌山の地酒「黒牛」充実

     ワインショップ カタヤマでは、名手酒造の地酒「黒牛」が充実しています。  味わいはこのうえなくまろやかでなめらかですが、穏やかで上品な香りには深みがある「純米大吟醸 黒牛」、軟らかい清涼感のある香りに加え、純…

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る