カテゴリー:ショッピング

  • 食どう プチ ボリューム満点のランチ

     食どうプチから、オススメのランチメニュー「カレーセット」を紹介します。  みんなが大好きなカレーがついに登場 牛すじと野菜をじっくり、コトコト煮込んだ絶品カレーです。サラダ、スープ、ドリンク、デザートが付いてな…
  • ジストシネマ御坊 無人チケット販売機を導入

     ジストシネマ御坊では、無人チケット販売機(セルフレジ)を導入しました。  大阪などの都心部では当たり前に導入されている無人チケット販売機。ジストシネマ和歌山に先駆けて、同館に導入! 現金払いのみですが、OEカ…
  • 梅いちばん 南部店 はちみつ梅干の第一号「黄金漬」

     梅いちばん 南部店で販売している黄金漬は、現社長である井口さんの「誰もが食べやすい梅干を」という思いから生まれた、はちみつ梅干です。まろやかで自然な甘さのはちみつを加える製法を考案して発売。いまでは主流となった甘い「は…
  • ライフサロン メモリアル お盆用品が充実!

     ライフサロン メモリアルでは、お盆用品が充実しています。  初盆の返礼用品では、そうめんやみそ汁・のりの詰め合わせ、フリーズドライのギフトセット、キッチンセットなど様々な商品を取りそろえ。価格帯もいろいろ。予…
  • Chelsea(チェルシー) 全品割引きセール開催中

     チェルシーは24日㈬まで、全品割引きセールを開催中です。  期間中、店内に展示している商品を20%から50%割引きの特別価格で提供しています。  これからまだまだ大活躍するかごバッグやオシャレなバッ…
  • きもの帯 たまき 浴衣バーゲン開催中

     夏はなんといっても浴衣が似合う季節ですね。浴衣といえば花火! という人も多いのではないでしょうか。今年の花火大会は、浴衣を着て出かけませんか。きもの帯 たまきでは、夏本番に入る前に早くも浴衣バーゲンセールを開催していま…
  • 株式会社 鈴梅 大人の梅酒を贈りませんか

     夏の贈り物に、株式会社 鈴梅で販売している梅酒はいかがでしょう。  梅酒といえば、ほどよい甘さで女性に人気のリキュールです。同社の梅酒は砂糖ではなく、はちみつを使用しているため、少しの甘さとフレッシュな梅の香…
  • ジェルキャンドルづくり教室 キャンドルナイトや自由研究

     駒場工務店、槇嶋建築、早稲田建築の3社合同で、「夏休みぷるキラ ジェルキャンドルづくり教室」が27日㈯、日高川町農村環境改善センター2階大会議室で開催されます。午後1時半から3時まで(1時受け付け)。  小学…
  • ふとんのダイワセンイ 夏本番COOL祭開催中

     ふとんのダイワセンイは14日㈰まで、「夏本番COOL祭」を開催中です。  いま話題のひんやり敷きパッド「アイス眠敷パッド」は、通常1万円を5800円のお手ごろ価格で提供。  またひんやり頂上決戦とし…
  • おはら呉服店 きものクリーニング半額セール

     おはら呉服店は6日㈯と7日㈰の2日間、「きものクリーニング半額セール」を開催します。午前10時から午後7時まで(最終日のみ午後5時まで)。  期間中はキャンペーン価格で着物などをクリーニングできます。訪問着・…

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る