カテゴリー:ショッピング

  • アイデアスポーツ 秋の新製品が登場!

     アイデアスポーツに、秋の新製品が入荷しました。  アシックス「VERSABLAST」(写真㊤)は、アシックス版の厚底シューズの廉価版。トランポリン効果で弾むような走りを堪能できます。価格は7700円が6900…
  • HAIR SALoN THE NAKED 自然由来にこだわった商品

     ネイキッドでは、新しく「O.Skin&Hair(オー.スキンアンドヘアー)」の取り扱いを始めました。  「O.Balm(オー・バーム)」は、リップ、ハンド、ヘア用。地球産まれの100%天然のバーム。乾燥を防ぎ…
  • ホテル&リゾーツ和歌山みなべ 少人数での結婚式が叶う冬婚プラン

     ホテル&リゾーツ和歌山みなべは、期間限定の冬婚プランをご用意しています。  いまの状況で披露宴はちょっと…と考えているカップルさん必見! 家族や親族、親しい友人など少人数での結婚式が叶うプランです。12月から…
  • 創旬菓房 みさき堂 お月見団子限定販売

     秋の風物詩と言えば、「お月見」です。今年の中秋の名月は10月1日㈭。  みさき堂では、毎年大好評の「月見団子」を販売します。里芋型のもっちもちの団子に、十勝産小豆をあっさりと炊き上げたこし餡をまいたものと、1…
  • 山中珈琲 コーヒーの日セール

     山中珈琲では30日㈬から10月4日㈰まで、「コーヒーの日セール」を開催します。  期間中、コーヒー豆全品20%増量、コーヒー器具全品20%OFFに! さらに、オリジナルギフトセットを1000円で販売します。内…
  • 西山蒲鉾店 地紙蒲鉾の注文開始

     今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で各地の祭りが相次いで中止となっています。地域によっては秋祭りと言えば、あせ寿司や蒲鉾などを食べる風習があります。今年の秋祭りは自宅で祭り気分を味わいませんか。西山蒲鉾店では、祭り…
  • 南海堂 30日と10月1日 月見団子販売

     秋といえばお月見! 南海堂では30日㈬と10月1日㈭の2日間、毎年好評の「月見団子」を販売します。  餡をたっぷり盛った「あん付き」(6個入が540円、10個入が900円)と甘さ控えめのきな粉を使用した「きな…
  • ほんまち商店街 10月1日から 商品券給付記念大売出し

     ほんまち商店街では10月1日㈭から10月23日㈮まで、緊急企画!「あがらの御坊みんなで応援商品券」給付記念として、「ほんまち通貨が当たる! 大売り出し」を開催します。  期間中、「あがらの御坊みんなで応援商品…
  • おはら呉服店 26日と27日の2日間 「秋の感謝祭」開催!

     おはら呉服店では26日㈯と27日㈰の2日間、「秋の感謝祭」を開催します。午前9時から午後7時まで。  七五三のレンタル予約を開始! 3歳用女児被布セット(被布コート、着物、長襦袢、草履、巾着、足袋、髪飾り)、…
  • Coast Cafe楽 オンラインで紀中を巡る「日高ヒストリー」

     Coast Cafe楽は26日㈯午後2時から約1時間、御博2020プログラムを実施します。参加無料。  内容は、観光総合サイト『「Hidaka History」をご存じですか?』として、私たちの御坊・日高を知…

フォトニュース

  1. 傘差して乗ったりせんといてね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る