由良町の六地蔵 興国寺の無常堂へ移設

 由良町門前地内の天神池近くの旧火葬場入り口に建立されていた六地蔵が興国寺無常堂に321年ぶりに移され、21日、現地で安座開眼式が営まれた。1700年に故人が良い世界に生まれ変わることを願って建てられたが、1974年(昭和49)に町営の斎場が建設されたことを受けて旧火葬場が廃止され、六地蔵は残ったままになっていた。

 六地蔵は、「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」「阿修羅道」「人間道」「天道」の六道を輪廻転生する衆生を救済するという思想から、寺院の門前や墓地などをの入り口に建立される。

 今回の六地蔵は高さ約1㍍で、旧火葬場近くに6体が建立されていた。礎石に刻まれた年紀からみると1700年に畑、中、門前、里、横浜の各地区の有志によって建てられたという。火葬場は江ノ駒地区に町営の斎場が建設されてからは使用されていなかったが、六地蔵はそのままの状態になっていた。

 以前から移設の声は上がっていたが、昨年3月ごろから本格的に検討を始め、移転先を興国寺の無常堂に決定。今年6月には六地蔵移転実行委員会を結成し、檀家から移設に伴う浄財を集めるなど着々と準備を進めた。10月から地元の石源石材店(池田隆代表)が地蔵の修復などを行い、今月中旬に設置が完了した。

 開眼式には門前、中、畑地区の関係者ら約20人が出席。興国寺の田中禅徹監院と長谷寺(畑)の岩上大真住職が法要を執り行った。
 最後に委員会を代表し、岡眞治さんが「先人が残した六地蔵を今後も保存、管理し、見守り続けていきたい」とあいさつした。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る