放課後等デイサービスらん VR活用して自立支援

写真=財部の新施設前でVRのゴーグルを手に佐野さん

 障害のある就学児童が学校の授業終了後や長期休暇中に通える御坊市の放課後等デイサービス「らん」(村岡賢一管理者)が、県内で初めてVR(仮想現実)を使った療育を導入し、社会自立やより制約の少ない生活ができるようトレーニングを行っている。同施設は8日、湯川町小松原から財部に移転。7日まで内覧会を行っている。

 放課後等デイサービスは、小学1年から高校3年までの障害のある子どもたちが放課後や休日に通える療育、居場所機能を備えた福祉施設。基本的に自立支援や日常生活充実、創作の活動、地域交流の機会、余暇の提供を行っており、「障害児の学童保育」ともいわれている。

 株式会社松山(松山典樹代表)が運営する同施設は2016年3月開所。先月から発達障害の子ども向け療法として、障害者向けの就労支援ソーシャルスキルトレーニングでVRプログラムを導入している。

 同社営業本部本部長で同施設指導員の佐野将徳さん(38)によると、発達障害のある人は初めてのことが苦手な場合が多く、失敗を繰り返すことで自己肯定感が低下。社会への参加がさらに限定的になるため、VRで当事者や他者の目線から社会生活を予習することで、事実を適切に捉える力や他者の表情、言動から心情を推察する力、自身の考えを共有する力を、変化を評価しながら養っていく。

 VRプログラムはVRに慣れてもらう動画から、あいさつなど小学校低学年編、お金を貸してほしいと言われたときや不審者への対応の思春期編、面接など就活編、自己紹介やミスしたときの就労編、接客など職業体験編まで約100種類。さまざまな場面を繰り返し練習し、社会で必要なスキルを実践的に習得できる。

 このほど、財部に新しい施設が完成。従来の「学童保育型」から「成長療育型」にあらため、「習慣―定着―成長―自立」のタイムラインを掲げて療育を行っていく。

 新しい施設の内覧会は午前10時から午後4時まで。問い合わせは同施設℡0738(20)5343。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る