未生流の西さん 県展華道部門で最優秀賞

写真=最優秀賞を受賞した作品

 第75回和歌山県美術展覧会(県展)の各部門審査が行われ、華道部門で西厚美さん(62)=美浜町和田=の作品が最優秀賞を受賞した。展示は来年1月、県民文化会館と県立近代美術館で行われる。

 西さんは元小学校教諭で、20年ほど前から勤務の傍ら生け花を始めた。現在は未生流師範。西厚甫の名で活動している。県展には今回が初挑戦で、見事最優秀賞となった。

 作品のテーマは自然と人工物の融合、調和。高さ約160㌢と、ほぼ西さんの身長と同じの大作で、花材はユーカリ、カトレア、クワズイモ。構図を決めてからふさわしい花を求めて散策し、知人がユーカリやカトレアを提供してくれた。大きなユーカリの枝とアルミのダクトを組み合わせ、安定させるのに苦心した。ユーカリの樹皮のざらざらした質感や褐色の色合いを生かしながら、鮮やかな赤と白のカトレア、つややかな緑のクワズイモの葉を配してバランスを考えながら仕上げた。下は根を張り、上部は空に向かって広がる形で、「未来へ向けて人と自然が調和していく」という思いも表現している。

 「華道部門はその場で生け込むのですが、緊張というよりは、出来上がっていくのが楽しいという思いでした。教員時代、図工の授業で子どもたちと一緒に自然のものを生かして作品を作っていた経験から、今回のアイデアが浮かんだのかもしれません。初めての挑戦で入賞できるとは思っていなかったので、知らせを受けて本当に驚きました。うれしいです」と喜びを話している。

 県展は来年1月12日から16日まで開催。華道部門は県民文化会館、洋画、日本画、書、写真、工芸、彫塑部門は県立近代美術館で展示される。

 そのほか工芸部門で、北垣信江さん(日高町志賀)の作品が佳作入賞した。入選は次の皆さん(洋画・彫塑部門の結果は後報)。

 工芸=大堀由美(美浜町)、阪口敏子(御坊市)▽書=笹野美翠(印南町)▽日本画=小野千寿子(日高川町)▽写真=近藤義之(御坊市)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る