全国和紙画展で池口さんが3度目の入選

写真=入選作品「仙人風呂・川湯温泉」

 御坊市藤田町藤井、グラフィックデザイナーの池口肇さん(77)が第34回全国和紙画展で3度目の入選を決めた。岐阜県美濃和紙の里で開かれるレベルの高い大会で、今回は全国から169点の作品が寄せられた。池口さんは「仙人風呂・川湯温泉」で入選。コロナ禍のため表彰式は行わないが、作品は今月21日から12月20日まで、岐阜県美濃市の美濃和紙の里会館で展示される。

 池口さんは25歳の時に「ワ」をモチーフにした和歌山県の県章が採用されてから本格的にデザインを始め、デザイン事務所を設立。シンボルマークなどのデザインでこれまで多くの賞を受けている。切り絵は10年前から、独学で始めた。2013年、国民文化祭やまなし国際切り絵コンクールで世界4番目となる賞を受賞。全国和紙画展では、第28回、第30回に続く3度目の入賞となった。

 今回の受賞作品「仙人風呂・川湯温泉」は、一昨年12月に訪れた川湯温泉の風景を描いた。76×51・8㌢の大きさ。広々とした川の温泉でくつろぐ人々の姿、上にそびえる山の森の存在感を精密な切り絵で表現している。切り口は大きい部分でも5㍉、小さい部分は0・2㍉ほどという繊細な作品で、高度な技術力が求められる。

 池口さんは「川の中の冬の温もり、湯に映り込む人の影や山の印象的な原風景を切りあげました。レベルの高い和紙画展で3度も入選させていただけたことは、うれしい驚きでいっぱいです。黒と白のモノクロだけで色や空気感まで表現できるのが切り絵の世界。これからもその魅力を追求していきます」と喜びを話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る