今年のインフルは?

 新型コロナウイルスの新規感染者数が落ち着いてきている。8月に国内で2万人を超える日もあったが、最近は1000人未満の日も出てきている。ワクチンの効果なのか、このまま再拡大することなく終息してほしいものだ。

 ワクチンと言えば従来からあるインフルエンザワクチンを接種する時期になる。昨年はコロナとインフルの同時流行が懸念されたが、結果的に、インフルの感染者数は大きく減少した。国立感染症研究所によれば2020年9月~2021年3月のインフル受診者数の推計は、全国で約1万4000人だった。例年なら1シーズンに約1000万人とされているので、約700分の1と大きく減少した。マスクや密回避などのコロナ対策の徹底が、インフルにも効果が出たと見られている。

 それなら今年もインフルは流行らないだろうと思うが、そうとも言えないらしい。子どもがよくかかるRSウイルスだが、2020年にはほとんど流行がみられなかったが、今年大流行した。理由として、2020年に流行しなかったことで免疫を持つ人が減ったからだと指摘されている。インフルエンザも同様に免疫を持たない人が増えていることになり、次に流行する際は、これまでのシーズンを大きく上回る可能性があるとされている。

 ワクチンについてはコロナワクチンとの同時接種が気になるが、厚生労働省のHPによると「新型コロナワクチンとその他のワクチンは、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できる」となっている。ワクチンを打つか打たないかは個人の判断となるが、いずれにしてもコロナ同様、インフルの感染予防も意識した方がよさそうだ。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る