みなべ町 埴田に新たな避難路新設へ

写真=町道沿いの山(写真左)を切り開いて避難路を新設する

 みなべ町は、南海トラフの巨大地震による津波を想定し、埴田地区に新たな避難路の整備を計画している。鹿島神社周辺の埴田地区や隣接の芝地区は海岸線沿いに民家が密集しており、南海トラフの巨大地震ではほとんどが浸水するエリア。新たな避難路は主要道路の町道埴田堺線から山を切り開いて幅員9・25㍍の道路を新設する計画で、まだ数年先だが完成すれば住民を守る「命の道」になりそうだ。

 新設する場所は、薬師寺から北約200㍍、町道埴田堺線沿いの山で、中腹には昔、医王寺といわれる寺があったとされる場所の周辺。いまは跡地もないが、地元では通称「医王寺」と呼ばれている。
 現在は新設場所の近くの町道を避難路にしているが、幅員が3㍍余りと狭く、町道へ接続するトンネル(ボックスカルバート)も狭いため、以前から、避難場所にしている埴田と芝地内の片町地区などから新たな避難路を求める声が上がっていた。
 町では「埴田医王寺避難路整備事業」として今年度から本格的に着手する。今年度予算には測量や用地・物件補償費など関連予算約1億円を計上している。町道沿いが起点(標高9㍍)で、山を切り開いてJR紀勢線のトンネルの上を通って標高約45㍍まで、一部カーブしながら延長500㍍のアスファルト舗装した避難路を新設する。幅員は2㍍の歩道を含め9・25㍍で、町が東吉田で進めている防災広場への避難路と同じ広さとなる。
 現在は設計を進め、これから地権者への説明や本格的な話し合い、JRとも具体的に協議していく。国の「都市防災総合推進事業」の補助を受けて実施する関係から、5年以内の完成を目指しているが、町では「関係者の協力を得ながら一日も早く完成させたい」と話している。完成すれば住民がより安全により高い場所へスムーズに避難できるようになると期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る