美浜出身の阪本さん 海南の老舗スポーツ店を継承

写真=バトンタッチした阪本さん㊧と橋本さん

 美浜町出身の阪本勇次さん(31)が、県事業継承・引継ぎ支援センターと日本政策金融公庫の支援を受け、海南市の老舗スポーツ用品店「カイナンスポーツ」を事業継承。43年にわたり店を守ってきた2代目の橋本憲三さん(74)からバトンを受け、同市大野中に店舗を移転オープンさせた。3年前から店を手伝い、ノウハウを吸収するとともに、後継者として信頼を獲得。子どものころからの夢を叶え、「地域の人に愛される店にしたい」と話している。

 同店は、橋本さんの義父が1947年に創業。同市船尾で、海南や和歌山市内学校の部活動やスポーツ少年団の指定ユニホームをはじめ、幅広くスポーツ用品を扱い、地元から信頼を得てきた。

 数年前から体調に不安を感じ始めた橋本さんが、店の後継者不在を周囲に相談。友人が3年前、阪本さんを紹介し、当時会社に勤めていた阪本さんが、仕事の休日に店を手伝うようになった。

 阪本さんは小学1年のとき松原少年で野球を始め、中学時代は和歌山日高ボーイズ/マリナーズでプレー。南部高校、大阪産業大学まで野球一筋で、現在も和歌山市内の軟式チームで続けている。子どものころから通ったスポーツ用品店。地元の子どもたちが集まる空間に憧れ、経営に夢を抱くようになったという。

 店舗は人通りが多いところに移し、前の店にはなかったバットの試し振りができるバッティングゲージやテレビを設置。ネーム入れや購入者に合った商品説明という対面販売でしかできないサービスのほか、道具の手入れ教室やSNS活用に力を入れていく。

 親族や従業員ではない第三者が経営を引き継ぐ事業承継。阪本さんは「自分の色を出しつつ、昔の色も残しつつ、今まで以上の店、気軽に立ち寄ってもらえる店を目指したい」と大張り切り。「いろんなところに情報発信し、日高地方からも足を運んでいただける店にしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る