漢字と言葉を勉強

「おしっことれました」。子どもの検尿で保育所への連絡帳に記した。妻が「採尿」(検査のため一定量の尿を排出させて採取すること)という言葉を使ったが、漢字が分からない。次の日は「はきそうじ」。「(ほうきで)掃(は)く」も掃除の「除」も出てこない。普段からパソコン、スマホの変換機能に頼りっぱなしの生活を反省しつつ、漢字が書けないのを情けなく思っていたそんな朝、テレビの情報番組で8年ぶりに改訂される三省堂国語辞典第八版が紹介されていた。

 番組では追加される3500の新語の中から問題が出された。まずは「インターネットの通信販売で(マウスをクリックして)買う」で、正解は「ポチる」。次は「①コンピューターゲームで最後に出てくる強敵」「②(最後に出てくる)一番の大物や難関」で、これは「ラスボス」が正解だった。ほかは「ゾーンに入る」「撮れ高」「爆誕」「はふはふ」。男性MCの「生活様式が変わると、言葉がどんどん変わるということですね。勉強します」というまとめに同感した。

 プレスリリースを見ると、「初版以来継続している用例採集に基づく生活に即した見出し語と解説」「時代に伴走する大幅改訂、3500の新項目追加で総収録項目数は8万4000」「言葉の由来や普及時期を示す『年代注』、耳寄りな『豆知識』など使える情報」を多く盛り込んだとPR。そして、「日本語の疑問に『要はね、』『実はね、』と答えてくれる頼もしい相談相手として、『三国(サンコク)』は新たに生まれ変わります」とある。新聞記者としてニュースを「要はね、」「実はね、」と分かりやすく伝えられるようにも努力したい。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る