日高町の津村さんが移動式サル捕獲おり製作

写真=津村さんが製作した移動式のサルのおり

 日高町は、志賀の建設業、津村組代表の津村徳雄さん(71)に依頼し、サル捕獲用のおりを製作した。鉄パイプと金網を現地で組み立てて設置するタイプで、比較的簡単に設置場所を変更できる可搬式。従来、町内で一般的に使用されていた固定式より使いやすくなった。町内ではサルの農作物被害が深刻だが、今後のサル対策として期待されている。

 津村さんがサルのわな(おり)を作り始めたのは5、6年前。住民からの要望で、廃材となったビニールハウスのパイプを利用して初めて作った。おりに入ったサルがエサの上に置いた金網を揺らすと、シャッターの鉄柵が落ちて出口を閉じるという仕組み。以後、骨組みをハウスのパイプから鉄パイプに変えるなど改良を重ねた。昨年度は町内で176頭がわなで捕獲されているが、大半が津村さんのおりだという。

 町は昨年、捕獲実績のある津村さんに「設置しやすい移動式のわなができないか」と改良を依頼。津村さんは長男の佳秀さん(49)と共同で、軽トラックで持ち運べる組み立て式に変えた。狭い場所でも設置できるよう、横幅を1㍍から4㍍まで1㍍刻みで変更できるような工夫も加えた。町は7月下旬に住民に貸し出し、小中地内に仕掛けたおりで8月7日に1頭を捕獲したという。現在は返却され、今後もわなの狩猟免許を持つ住民に無料で貸し出す。

 津村さんは「サルによって農作物が被害を受けている。農家が作った作物を守れるように少しでも役立てれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る