日高川町役場に釣り鐘バルーン

写真=釣り鐘バルーンと万寿会メンバー

 日高川町役場本庁ロビーに27日、高さ3㍍の釣り鐘バルーンが登場。今年生誕700年を迎えた「道成寺に釣鐘をよみがえらせた男」逸見(へんみ)万寿丸の功績や記念行事などをPRしている。

 直径は1・8㍍あり、5月に東京銀座の歌舞伎座に掲げ「万寿丸生誕700年」をアピールしてきたバルーンで、緑色の鐘に「鐘供養」「万寿丸」と書かれている。この日、役場の開庁前に逸見万寿丸生誕七百年を祝う会(万寿会)のメンバーが集まり、バルーンを設置した。湯川宗一会長は、「記念すべき生誕700年に、『地域のヒーロー』万寿丸のことを1人でも多くの人に知ってもらえれば」と話していた。

 逸見万寿丸源清重(へんみまんじゅまるみなもとのきよしげ)は南北朝時代、30年以上紀伊国矢田庄(きいのくにやたのしょう、御坊市と日高川町の一部)を統治し、道成寺の本堂の整備や秘仏千手観世音菩薩、二代目釣り鐘(現在は京都市の妙満寺が所蔵)などを寄進するなど、領内の神社仏閣の再興に貢献した。今年生誕700年を迎え、6月25日の誕生日に合わせて生誕祭を開催し、秘仏千手観世音菩薩の中開帳も行われている。

 10月24日からは、道成寺の二代目釣り鐘が里帰りし公開される。「二代目釣鐘お里がえり」は、町の紀の国わかやま文化祭2021の地域発信事業の一つにもなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る