日高地方ならではの体験を

 先日、和歌山信愛大学教育学部の学生が、日高川町に地域連携フィールド学習に訪れた。あいにく、新型コロナの影響で学童クラブの見学などは中止したが、間伐材を使ったもの作りの体験をした。

 作ったのは押し花マグネットと焼き杉鉢の寄せ植えの2つで、講師はいずれも体験型観光を推進する民間組織「紀州体験交流ゆめ倶楽部」の会員。この体験が素敵だなと思ったのは、作ることを純粋に楽しむのに加え、講師がこれまで体験を提供してきた経験から、子どもたちが相手で興味を示してくれない場合や、大人と子どもに教えるときの違いなども話していたこと。教育に携わることを目標にしている学生にとっては学びの多い貴重な体験になったと思う。

 紀州体験交流ゆめ倶楽部は、官民が連携し、日高地方への教育旅行誘致を中心とした観光振興を目的に今年3月に設立された組織。子どもから大人まで、日高エリアの海、山、川など豊かな自然、日本一の梅や紀州備長炭など特徴ある農林水産業、それらを活かしたもの作りなど、約70種類の多種多様なメニューが体験できる窓口となっている。民泊体験のほうは、コロナ禍でインバウンド客が見込めないが、逆に人が過密になることが避けられ行動範囲が制限されるなか、観光などではない体験旅行が注目されている。緊急事態宣言などが解除される10月以降は、修学旅行など多くの予約が入っているという。

 地元小学校からもカヌーや木工など体験に訪れており、楽しむ笑顔が印象的だった。遠くには素敵なことがあるかもしれないが、近くにもまだまだ知らないワクワクすることがあることを教えてくれる。地元の子どもがもっとここで体験する機会が増えればと思う。   (陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る