誰でも考え方ひとつですぐ幸せに

 先日、JA紀州が主催する地域住民向け講座の第1回講座を取材した。今年の講座は、コロナ禍ということもあって、地域密着のカリキュラム。初回講座は、地元で、占いとパワーストーン販売を行う合同会社ミラクル・アイの今井智佐子さんが講演した。

 今井さんは18歳のときに、通過列車にはねられる大事故に合い、瀕死の重傷を負いながらも、駅員、救急隊員や病院の医師らの懸命な応急処置や治療で奇跡的に一命を取り留めた。自分の体のことよりも、事故を起こし迷惑をかけてしまうことを厳しかった父に謝らねばという強い気持ちがあり、意識を保ったまま病院に到着したことなども幸いし、出血多量で、背中を首からしりにかけて40針も縫うなど大けがを負いながらも、40日後には後遺症もなく退院した。多くの人のおかげで命をつなぎ「毎日が当たり前ではない。生かされた命を大切に生きよう」と心に決めて以来、つらいことがあっても嘆くのではなく、現実を受け入れ、感謝の気持ちを持ち、できることを懸命にしてきたことで人生に数々の奇跡を起こしてきた。パワーストーンとの出会いもそのひとつで、一歩踏み出したことで、窮地に陥っていた生活を変え、会社を設立するまでになった。

「幸せは人から与えられものではなく、自分で作るもの。誰でも捉え方ひとつでただちに幸せになれる。明日の自分を作るのは今の自分の選択。今をどう生きるかが、明日の自分を決めていくのです」と話した。

 個人的に印象的だったのは「目標や目的がなくても、今を一生懸命に楽しみ感謝しながら生きていくだけ」という言葉。人生の流れに身を任せながらもポジティブに、目の前のことを懸命にこなし、道を切り開いてきた強さを感じ、身近な存在だけに共感した。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る