県がHPでコロナ感染者の体験談公開

 県は新型コロナウイルスに感染した人を対象に募った体験メッセージを、県のホームページで公開している。感染予防対策や早期発見の重要性が紹介されているほか、入院中の症状の辛さ、突然の感染に対するショックや戸惑い、次々と家族に感染が拡大していく恐怖、老人ホームでのクラスターの脅威など、感染者の貴重な生の声がつづられている。

 県はコロナ感染者を対象に定期的な後遺症のアンケートを行っているが、昨年9月以降の感染者には後遺症アンケとともに、県民に伝える体験メッセージも募集。今年6月14日から7月13日までの期間で100件以上の応募があり、その中から59人のメッセージを掲載している。

 県ホームページにある健康推進課の新着情報から閲覧可能。世代ごとに分類されており、10歳未満・10歳代のメッセージでは「軽い症状ですぐ治ると聞いていたが、実際自分が感染してみて辛かった。退院しても、以前のような集中力を欠いて、学業の能力が落ちている」。40歳代では「息子がコロナに罹患(りかん)し、自分も付き添い入院しました。生活や風評被害への不安、何気なく言われた一言に傷ついて涙を流したこともありました」。70歳代では「老夫婦2人で、生活範囲も限られているのに感染しました。高齢で肥満、既往症満載。感染後は39度の高熱となり、酸素吸入のお世話にもなりました。3週間の入院、1週間の肺炎治療のあと、2カ月漢方薬をのみ、体力も元に戻りました。我ながらよく生き延びたものだと思います」。

 このほか、「父が入所している老人ホームでクラスターが発生。最初に感染者が出てから父が発症したのは1週間以上経っていたので、クラスターの怖さを感じました」(40歳代)、「業務上の会食(小人数)で感染し、家族や職場に多大な迷惑と心配をかけてしまった」(50歳代)、「がん闘病中にコロナに感染したが、手厚い治療のおかげでコロナに打ち勝つことができました」(60歳代)など。

 県健康推進課は「体験メッセージはコロナ対策につなげてもらおうと初の試み。こんなことに気をつければいい、感染すると大変な思いをするなど、実際に感染した方の生の声が県民の皆さまに伝われば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る