世界初の紀州材スピーカー 9月4日から龍神で発表会

写真=完成した試作品をPRする山本さん㊧と早出さん

 田辺市龍神村の紀州材を使った全く新しいスピーカーの試作品が完成し、9月4日から龍神村福井の道の駅「龍游」のGワークスで技術発表会が開かれる。開発したのは、オーディオ好きの早出正さん(74)=白浜町=と、紀州材を長年扱っている田辺市上野の㈱ヤマト建設(山本敏雄代表)。ヒノキなどの無垢材を振動版に使った世界初のスピーカーで、楽器のような音が出るのが特長だ。

 早出さんは長野県出身。大手企業を退職後、2009年に白浜町に移住した。「紀州に来た印を作りたい」と、好きだったオーディオを紀州材で作ることを思いついた。

 スピーカーは振動ユニットからの振動をコーン紙に伝えることで音が出る仕組みだが、振動を直接木に当て、楽器の仕組みで音を出そうと、「紀州ウッドスピーカープロジェクト」を17年にスタートさせた。まず取り掛かったのが、振動版にする厚さ1㍉の木材探し。知人に紀州材を扱っている山本代表を紹介してもらい、山本さんは協力を快諾。龍神村森林組合から仕入れた紀州材を使い、ヤマト建設の技術で厚さ1㍉の振動版を作り、数えきれないほど試作品を製作。木もヒノキやスギのほか、屋久杉や世界の木を仕入れて試行錯誤を繰り返し、約4年がかりで試作品を完成させた。

 ヒノキは緻密な音が出て弦楽器やボーカルに適し、スギなどは力強い音で管楽器やジャズに向いているという。木の振動版を使ったスピーカーユニットとして特許も取得した。         振動版だけでなく、筐体(外観)、台、オーディオラックにも紀州材を使用。スピーカー前面にはヒノキのスリットを取り付け、中のスピーカーや振動版が透けて見えるように工夫している。

 技術発表会は9月26日まで。土日は早出さんが常駐し、レコードを再生する。早出さんは「より楽器に近い音をぜひ一度聴いてほしい。私は専門家ではありませんので、このスピーカーもまだ完成ではありません。いろんな角度からアドバイスいただけるなど、一緒に完成させてくれる仲間を募っていますので、気軽に立ち寄ってください」とPR。山本代表は「建築だけでなく機械との融合など、紀州材の新たな可能性を感じさせられました。紀州材のよさにぜひ触れてほしい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る