みなべの千里の浜 今季のウミガメ産卵は30回

 みなべ町は、今シーズンのアカウミガメの上陸・産卵回数をまとめた。産卵は30回にとどまり、統計を取り始めた1981年以降、最も少なかった98年の29回に次いで2番目に少なかった。ウミガメは産卵できるようになるまで30~40年かかるといわれており、約30年前も産卵数が少ないころで、産卵できる母ガメの個体数が少ないのも要因の一つではないかとみられている。

 本州最大のアカウミガメの産卵地である山内地内の千里の浜で、今年も日本ウミガメ協議会の学生ボランティアらが調査した。

 町によると、今年は5月29日に初上陸、初産卵を確認。6月中は上陸22、産卵11、7月は上陸31、産卵16、8月は上陸5、産卵2で、今月22日に調査を終了した。

 昨年の産卵63回から半減。過去最も多かったのは91年の348回で、これと比較すると10分の1以下。19年は47回、18年59回と、4年連続して2桁となった。過去の統計では、97年から8年連続して2桁にとどまった時期があり、逆に84年から13年連続で100回を超える期間があるなど、産卵回数は緩やかな波の周期がある。ここ数年、産卵が少ないのは、ちょうど30年ほど前に産卵が少なった時期に生まれた子ガメが母ガメになっている時期になることから、もともとの個体数自体が少ないとの見方ができるという。

 日本ウミガメ協議会の調査では、産卵後、比較的大きな個体は東シナ海、小さめの個体は太平洋の外洋へ向かう傾向がある。今年産卵した個体は比較的大きな個体がほとんどだったことから、何らかの原因で外洋に出ていた個体が産卵にこれなかった可能性もあるとみている。

 町教育委員会では「産卵は多い時期と少ない時期が繰り返されているので、長い目で見て数年後にはまた増えていってくれることを期待したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る