7・18水害から68年 あの日を忘れない

写真=天田橋で手を合わせて冥福を祈る橋本さんと西川さんの家族ら

 1953年(昭和28)の紀州大水害(7・18水害)から68年を迎えた18日、犠牲者の冥福を祈ろうと、御坊市薗の橋本由枝さん(81)らが日高川に架かる天田橋で供養を行った。

 橋本さんの夫克彦さんは水害時、濁流の中に残った天田橋の橋脚にしがみつき、一夜を過ごしたという。水害後、克彦さんが毎年、犠牲者の供養を続けてきたが、おととしに亡くなり、10年ほど前からは近くに住む会社員の西川徹也さん(51)らも参加するようになり、現在は由枝さんらとともに克彦さんの遺志を引き継いでいる。

 今年は橋本さん、西川さんのほか、西川さんの母町代さん(90)、妻里佳さん(48)、長女優里ちゃん(10)、次女愛栞ちゃん(6)、橋本さんの友人の山田シゲ子さん(80)の5人も加わり、川に向かって手を合わせて酒を流した。

 橋本さんは「(災害の危険が高まったときは)早めの避難を心がけ、二度と7・18水害のように犠牲者を出してほしくない」と言葉を詰まらせ、嫁ぎ先の有田市で義理の母親を亡くした町代さんも「当時は出産のため、御坊に里帰りしていましたが、有田の家や田んぼはすべてが流され、普通の生活まで持ち直すまで何十年も苦労しました。心は今も取り残されたままです。あの日の水害、出来事を絶対に忘れることはできません」と話していた。

 7・18水害は県中部を中心として洪水などの災害が発生し、死者は713人、行方不明は411人となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る