高校生国際美術展 南高の切本君が奨励賞

写真=切本君の作品「一縷の光」

 第22回高校生国際美術展の審査結果が発表され、美術の部で日高地方から南部高校美術部の切本優希君(3年)の「一縷の光」が奨励賞に選ばれた。

 高校生の国内最大級の展覧会で、美術の部には1397点の応募があった。

 切本君の作品は大きさが92㌢四方で、断熱材などに使われるウレタンを張って作った。喜怒哀楽を表現しており、右上の大きい波は喜びや元気、下の方のトゲトゲしたところは怒り、左下のゆるやかな波は楽しさなどと、一つひとつの形に思いを込めている。コロナ禍で人々の感情を作品にしたかったといい、混沌とする中でも希望の光があることをタイトルに込めた。約2カ月かけて作り上げた大作で、最後はスプレーで金属調に仕上げた。2年連続の奨励賞受賞で「納得の出来栄えです。もっと上の賞を取りたかったですが、入賞できてうれしい。今は新しい作品を制作中なので、次はもっと上の賞を狙いたい」と意欲を見せた。大木譲司顧問は「2年連続入賞は、本人が継続して努力した結果」とたたえた。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る