美浜でドローンの水稲消毒

写真=龍神さんの設定どおりに薬剤を散布するドローン

 作業の省力・効率化、作物の高品質生産等に向け、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業が進化を続けるなか、美浜町和田(入山)で31日、ドローン(小型無人機)による水稲の消毒作業が行われた。アイガモを使った無農薬農法等に取り組んできたグループが、町内でドローンの消毒を実践している男性に依頼。炎天下の長時間の作業は熱中症の危険もあり、60代が中心のメンバーは大幅な労力削減を実感していた。

 ドローンによる消毒を実践しているのは、吉原でキュウリを栽培している龍神茂さん(46)。今回、消毒を依頼したのは、入山と西山の間に広がる田園地帯で水稲を栽培している久保博巳さん(64)らのグループ。27年前、アイガモを使った無農薬栽培の研究に取り組み、一時は11軒の農家が集まったが、その後、鳥インフルエンザの流行等でアイガモ農法はストップし、メンバーの引退もあって、現在は4軒が共同で米(広さは約2・8㌶)を作っている。

 ドローンはGPS衛星の信号を使って飛行し、位置や高さは1㌢単位で確定、龍神さんが事前に散布範囲を測量した。この日はドローンにバッテリーと薬剤を搭載し、スマホのアプリで指示を受けたドローンが飛び上がり、地上約2・3㍍の高さを移動しながら薬剤を散布した。バッテリーが減ると自動で元の場所に着陸。数回のバッテリー交換、薬剤補充を繰り返し、開始から約1時間半で作業が終了した。

 通常、グループの田んぼの消毒は5人が手作業で半日がかり。メンバーは「大幅な省力化は間違いないし、何よりも炎天下の2回の消毒が機械化されるのは熱中症等の危険を排除できる。依頼する側としては、思ったほどコストもかからない。今後はどうなるかわかりませんが、私たちのようにある程度の広さで複数の農家がまとまれば、メリットも大きいと思います」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る