痛くても楽しく暮らそう

 最近肩が痛い。どうやら四十肩(筆者は40代なので)らしい。「腕が上がらなくなる」と聞いていたが、今のところ垂直に上げられる。でも、腕をひねったり、背中に手を回したりすると左肩に激痛が走る。痛くなって初めて、肩を動かす動作が多いことに気がつく。運転席から後部座席の物を取るとき、茂ったトマトの株から奥の方になった実を採るとき、かぶりのトップスを脱ぐときなど、日に何度となく小さな悲鳴を上げていて、日常生活に支障を来している。

 傷めるようなことは特に何もしていないのに痛くなるのが40代なのかと痛感。もともとの猫背と日頃の運動不足を反省して、ストレッチやセルフマッサージをすると多少可動域は広がっている気がするが完治には至らず、このまま放っておくと、趣味のDIYの作業にも支障があるので、病院や整骨院などに行ったほうがいいのかなと思案しているところ。

 そんなとき、日高川町の認知症カフェ「ひだまりカフェ」を取材し、講師のときわ寮かわべ園デイサービスセンターの作業療法士松本健汰さんの話を聞いた。松本さんは、作業療法士について「食事や入浴、趣味や買い物など日常の活動で、できないことをできるようにしたり、できないことに折り合いをつけながら自分らしさを取り戻す心と体のリハビリをお手伝いします」と説明し、リハビリを受け、生き生きとした生活を送っている人の事例を紹介した。「日常生活に支障がある人はみんな作業療法の対象。何かあれば、いつでも相談してほしいです」と話していて、思わず相談しそうになった。痛いところがあって日常に支障がある人が作業療法士に出会えば、日常に笑顔を1つ取り戻すための強い味方になってくれると思った。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る